ライブの雰囲気をそのまま伝える、たった1つの撮影のコツ【デジカメ設定】

好きなアーティストのライブに行って
“感動”したら、
その雰囲気や感動をそのまま伝えたいと思いませんか?

 

僕は2005年から年に4〜5回のペースで
ライブ写真を撮っていますが、
ライブの主催者やアーティスト本人、さらにファンの方から
「tabbyさんのライブ写は会場の熱気がそのまま伝わってきて、
独特な色合いで雰囲気がとても良いですね!」
とよく言われます。

ところが、
そのコツはある【カメラの設定】1つだけしかありません。

その裏ワザとは?

■カメラの設定 ⇒【AWB(オートホワイトバランス)を”太陽光”】にして撮る!!

それではその理由を実写をご覧に入れながら説明したいと思います。

・フィルムでは、光源によって【デイライト(太陽光)用】
と【タングステン(電球)用】を使い分けていた。
これは、色温度と呼ばれる光の色が違うため、
人間の目では同じように見えても、
フィルムでは、赤く写ったり青く写ったりしてしまうから。でした

↓ ところがデジカメになると
・ほとんどの人が【AWB:オート】で撮っている

その結果、ライブを撮るとどういうことが起こるか?というと、

1.人の肌色が青白く写ってしまい、ライブの熱気が伝わってこない

2.せっかく照明マンが工夫してカラフルなライティングをしていても
同じような色になってしまう

なので、出来上がった写真を見ると
”ライブの熱気や感動があまり伝わってこない”

「う~ん、残念!なんだかなー」ということになりがちです。

 

ところが、

【AWB(オートホワイトバランス)を太陽光】にして撮る!!

ことで、こうなります。

通常のライティングでは”オレンジがかった”色で

バックがブルーやグリーンならその色もキレイに

ダンサーの動きに合わせたライティングもそのまま

撮れてしまいます。

どうですか?
あなたも是非チャレンジして「ライブの楽しさを伝える」
写真を撮ってみませんか?

 

まとめ

■カメラの設定 ⇒【AWB(オートホワイトバランス)を太陽光】にして撮る!!

※ISO感度は、シャッタースピードが1/60s〜1/250sになるように設定しましょう。

 

関連記事

ライブの撮り方、アーティストごと6つのコツ

↓↓↓

ライブの撮り方、アーティストごと6つのコツ

 

 

■ tabbyやこのブログに興味を持たれた方は、
■ LINE@をフォローしてください

↓↓↓コチラからお願いします

----------------------------------------------------

【写真家tabbyの活動】

 

40年以上に渡り撮影を継続し、その撮影枚数は10万枚を超える。

 

◆「kindle写真集の出版」

■CRP第1弾

■CRP第2弾

■CRP第3弾

■CRP第4弾

■CRP第5弾

 

◆「写真展とネット掲載」

■写真展(個展)を10回以上開催

■2005年よりFlickrをはじめ、現在5,000枚ほど掲載

■Gettyにて写真データーを販売【175点】

■fotofever paris 2014年より3年連続出展 *fotofever paris とは、 世界最大の写真の見本市、イベントであるパリフォトと同時期にルーブル美術館の地下イベント会場であるルーブル・カローセルで開かれる。約100のギャラリーや出版社(日本からは8社)が出展。

 

無料メルマガ【メール写真上達室】にご登録いただいた方全員に「カメラ操作の苦手を克服し、感動が伝わる写真上達レシピ」をプレゼント

あなたがすぐに写真を上達させることができるように、50記事・40を超える動画を作成しました。

→あなたは「何を、どう撮るのか?」わかって、考えて撮っていますか? 

→あなたに合った間違わないカメラ選びについて知っていますか?

→撮影するジャンルごとの撮り方のコツを知っていますか?

撮影ジャンルとしては、

  • 風景を撮る
  • Food/Drinkを撮る
  • 人物を撮る
  • ネコを撮る
  • 花や紅葉を撮る
  • スナップを撮る

をピックアップし、実際に私が撮った例を300枚以上使って、撮り方を解説しています。

 

無料メルマガに登録する

 

それでは、「写真上達レシピ」をちょっとだけ、ご紹介しましょう!

ここでご紹介したのはごく一部です。写真の例はこの20倍はありますので、

あなたが撮りたいシーンがきっと見つかるはずです。

  今回お渡しする講座やレシピは無料ではあるのですが、

あなたが現在お持ちのカメラがiPhoneであっても一眼レフであっても、

写真をより深く理解し、すぐに上手く撮る役に立ち、楽しめて、

【写真であなたの人生が豊かになる】ことを願って作りあげました。

  これほどたくさんの例をあげて様々なジャンルをカバーし、具体的に撮り方の解説をしている講座は 他にはありませんので、是非試してみてください。

無料メルマガに登録する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール写真

写真展とネット掲載

■写真展(個展)を10回以上開催
■2005年よりFlickrをはじめ、現在5,000枚ほど掲載
■Gettyにて写真データーを販売【175点】
■fotofever paris 2014年より3年連続出展
*fotofever paris とは、 世界最大の写真の見本市、イベントであるパリフォトと同時期にルーブル美術館の地下イベント会場であるルーブル・カローセルで開かれる。約100のギャラリーや出版社(日本からは8社)が出展。

◆販売実績

■fotofever parisにて、リアルプリントを、2015年2016年連続350EUR(約4万円/枚)でSOLD OUT。
■個展にて、リアルプリントを1.5万円〜2万円/枚(四切サイズ)で販売実績あり。
■Getty にて、データーを最高3万円/枚で販売した実績あり。
PAGE TOP