高いカメラじゃないと良い写真は撮れないのか?

あなたは、【高いカメラじゃないと良い写真は撮れない】と思っていませんか?

それは、半分はホントで半分は嘘です。

高いカメラじゃないと撮れない写真は厳然としてありますが、安いカメラやiPhoneであっても良い写真は撮れます。

良い写真とは何か?

まず、良い写真って何か?を考えてみましょう。自己満足するのでも、他の人から褒められたり良いと言われてもいいですが、僕は【いい写真とは、撮った人の思いや感動が見る人に伝わる写真】だと考えています。

なので、道具=カメラに関係なく、安いカメラやiPhoneであってもいい写真は撮れます。

特に、スナップと言われるジャンルでは、

  • 高級コンパクトの【リコーGR:28mm単焦点レンズ】が最強でコレ1台で十分
  • iPhoneの速写性でシャッターチャンスを逃さず撮れる

ことから、【高いカメラじゃないと良い写真は撮れない】というのは嘘になります。

高いカメラの利点とは?

一方で、高いカメラを一眼レフとすると、レンズが交換できたり、撮影テクニックを駆使したりすることができるので、あらゆるジャンルやシチュエーションに対応可能で、いい写真を撮れる可能性が大きくなります。

ただし、それはカメラを使いこなす技(テクニック)があってこそで、高いカメラ=いい写真が撮れるのではなく、【高いカメラ+使いこなしの技】があって良い写真が撮れる。また、撮影ジャンルによっては一眼レフでないと撮れない場合もあるということです。

高性能なクルマを所有していても、運転テクニックがなければワインディングを速く安全に走らせる(=クルマの性能を発揮させる)ことができないのと同じです。高性能の機械ほど、それを使う人のスキルやテクニックに依って結果が大きく変わってくるということになります。

つまり、【高いカメラじゃないと良い写真は撮れない】というのは、場合によっては/撮影者の技量により(条件付きで)ホントになります。

一眼レフの高いカメラと安いカメラでは何が違うのか?

画素数競争というのは、【数字が多い方がお客様にわかりやすく高く売りやすいというメーカーの勝手な都合】であり、実際には画素数は600万〜1200万あれば十分です。

それでは、僕がおすすめしている8万円クラスとフラグシップの50万円超クラスの何が違うか?というと、

・フラグシップ機はプロが使うので丈夫で信頼性が高い(壊れにくい)設計になっている

・メカ的には、プラスティックではなく金属を多用している(→重く、コスト髙になるが、質感や感触がよく信頼性が高くなる)

・ソフト的には、画像エンジンが作り込まれているので、JPEG撮って出しでもキレイな写真が得られる。(→その分、開発コストがかかり、販売台数も少ないので高価になる)

となります。

それから、センサー(撮像素子:フィルムカメラのフィルムに相当する)の大きさがコスト的には大きな要因となります。センサーは大きい方から、

  • 35mmフルサイズ
  • APS-C
  • フォーサーズ

などがありますが、画素数が同じであれば、【センサーが大きいほど、写真のクォリティが高くなる】もののそれに伴い、センサーが大きくなる=ボディ本体も大きく、レンズも大きくしなければならない。結果的に ⇒大きく、重く、コスト高になります。

一眼レフとミラーレス一眼の違いは?

ミラーレス一眼は、その名の通り【一眼レフにある、ミラーを動かす機構がない】ため、その分前後方向の寸法(レンズマウントからセンサーまでの距離)を小さくでき、軽量に設計することができます。

ただし、ミラーがないということは一眼レフのような【光学ファインダー:OVF(被写体を素通しでそのまま見る感じ)】は原理的に実現できず、【電子ビューファインダー:EVF(モニターを見る)】となります。一昔前、EVFはタイムラグがあり動体撮影に不利と言われていましたが、現在では処理速度が向上しかなり改善されています。(最近では、一眼レフでもOVFがなくEVFのみのカメラもあります)

機材選びのヒント

iPhoneと一眼レフのそれぞれの得意ジャンルの違い

は別記事で詳しく書いていますので、そちらをご一読ください。

----------------------------------------------------

【写真家tabbyの活動】

 

40年以上に渡り撮影を継続し、その撮影枚数は10万枚を超える。

 

◆「kindle写真集の出版」

■CRP第1弾

■CRP第2弾

■CRP第3弾

■CRP第4弾

■CRP第5弾

 

◆「写真展とネット掲載」

■写真展(個展)を10回以上開催

■2005年よりFlickrをはじめ、現在5,000枚ほど掲載

■Gettyにて写真データーを販売【175点】

■fotofever paris 2014年より3年連続出展 *fotofever paris とは、 世界最大の写真の見本市、イベントであるパリフォトと同時期にルーブル美術館の地下イベント会場であるルーブル・カローセルで開かれる。約100のギャラリーや出版社(日本からは8社)が出展。

 

無料メルマガ【メール写真上達室】にご登録いただいた方全員に「カメラ(機械)音痴を克服するSNS写真上達レシピ」をプレゼント

あなたがすぐに写真を上達させることができるように、50記事・40を超える動画を作成しました。

→あなたは「何を、どう撮るのか?」わかって、考えて撮っていますか? 

→あなたに合った間違わないカメラ選びについて知っていますか?

→撮影するジャンルごとの撮り方のコツを知っていますか?

撮影ジャンルとしては、

  • 風景を撮る
  • Food/Drinkを撮る
  • 人物を撮る
  • ネコを撮る
  • 花や紅葉を撮る
  • スナップを撮る

をピックアップし、実際に私が撮った例を300枚以上使って、撮り方を解説しています。

 

無料メルマガに登録する

 

それでは、「写真上達レシピ」をちょっとだけ、ご紹介しましょう!

ここでご紹介したのはごく一部です。写真の例はこの20倍はありますので、

あなたが撮りたいシーンがきっと見つかるはずです。

  今回お渡しする講座やレシピは無料ではあるのですが、

あなたが現在お持ちのカメラがiPhoneであっても一眼レフであっても、

写真をより深く理解し、すぐに上手く撮る役に立ち、楽しめて、

【写真であなたの人生が豊かになる】ことを願って作りあげました。

  これほどたくさんの例をあげて様々なジャンルをカバーし、具体的に撮り方の解説をしている講座は 他にはありませんので、是非試してみてください。

無料メルマガに登録する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール写真

写真展とネット掲載

■写真展(個展)を10回以上開催
■2005年よりFlickrをはじめ、現在5,000枚ほど掲載
■Gettyにて写真データーを販売【175点】
■fotofever paris 2014年より3年連続出展
*fotofever paris とは、 世界最大の写真の見本市、イベントであるパリフォトと同時期にルーブル美術館の地下イベント会場であるルーブル・カローセルで開かれる。約100のギャラリーや出版社(日本からは8社)が出展。

◆販売実績

■fotofever parisにて、リアルプリントを、2015年2016年連続350EUR(約4万円/枚)でSOLD OUT。
■個展にて、リアルプリントを1.5万円〜2万円/枚(四切サイズ)で販売実績あり。
■Getty にて、データーを最高3万円/枚で販売した実績あり。

最近のコメント

    PAGE TOP