iPhoneと一眼レフのそれぞれの得意ジャンルの違い

僕は、機材選びのヒントという別記事で、iPhoneと一眼レフの組み合わせをおすすめしています。

ここでは、iPhoneの得意・不得意な被写体/ジャンルを説明します。

iPhoneの優位な点と得意なジャンル

iPhoneの優位な点は、常に手に取れるところにあるので、機動性に優れていること。

得意なジャンルは、

  • スナップ
  • 風景
  • 食べ物
  • 物撮り

iPhoneが不得意で一眼レフが得意なジャンル

iPhoneが不得意な【一点にだけピントが合って、他はキレイにぼかした写真】や【暗くて動きがある被写体を撮る】のが、一眼レフは得意。

ジャンルは、

  • 花や紅葉
  • 食べ物
  • ポートレート
  • ライブ写真

ここからは、一眼レフならではの(iPhoneでは撮れない)写真の例をご覧ください。

iPhoneのレンズは広角(35mm換算29mm)なので、この例のように望遠ズーム(35mm換算160-400mm)で【離れたところから、紅葉にのみピントを合わせ、バックをぼかす】ことはできません。

iPhoneでもギリギリまで近寄れば、ある程度ぼかすことは可能ですが、この写真のように【一点にだけピントが合って、他は”ふわっと”キレイにぼかした写真】は難しいです。この例では、単焦点の標準レンズ(35mm換算56mm/F1.4)で撮っています。

もっとも違いがわかりやすいのが、この例のようなポートレートでしょう!iPhoneでは厳密なピント合わせはできない(一眼レフでも瞳にだけ合わせるのは難しい!)ため、顔のアップでは全体になんとなくピントがあった写真になり、【瞳にピントが合って、あとはふんわり柔らかい印象】の写真は撮れないです。ここでは、単焦点の中望遠レンズ(35mm換算100mm/F1.4)で撮っています。

これは、ベリーダンスですが、暗くて動きが速い被写体のため、ちょうど良いブレで動感を出そうとしても、iPhoneではシャッタースピードが遅くなりすぎてしまい、思うようには撮れません。この例ではレンズは標準ズームです。

このように、スナップや広い風景などはiPhoneの得意分野なのですが、ここに挙げた例のように撮りたい/表現の幅を広げたい場合は一眼レフがどうしても欲しくなります。

一眼レフに興味を持たれた方は、別記事機材選びのヒント【1-1. カメラの選び方】をご一読ください。

※掲載している写真はすべてtabby撮影のものです。

----------------------------------------------------

【写真家tabbyの活動】

 

40年以上に渡り撮影を継続し、その撮影枚数は10万枚を超える。

 

◆「kindle写真集の出版」

■CRP第1弾

■CRP第2弾

■CRP第3弾

■CRP第4弾

■CRP第5弾

 

◆「写真展とネット掲載」

■写真展(個展)を10回以上開催

■2005年よりFlickrをはじめ、現在5,000枚ほど掲載

■Gettyにて写真データーを販売【175点】

■fotofever paris 2014年より3年連続出展 *fotofever paris とは、 世界最大の写真の見本市、イベントであるパリフォトと同時期にルーブル美術館の地下イベント会場であるルーブル・カローセルで開かれる。約100のギャラリーや出版社(日本からは8社)が出展。

 

無料メルマガ【メール写真上達室】にご登録いただいた方全員に「カメラ(機械)音痴を克服するSNS写真上達レシピ」をプレゼント

あなたがすぐに写真を上達させることができるように、50記事・40を超える動画を作成しました。

→あなたは「何を、どう撮るのか?」わかって、考えて撮っていますか? 

→あなたに合った間違わないカメラ選びについて知っていますか?

→撮影するジャンルごとの撮り方のコツを知っていますか?

撮影ジャンルとしては、

  • 風景を撮る
  • Food/Drinkを撮る
  • 人物を撮る
  • ネコを撮る
  • 花や紅葉を撮る
  • スナップを撮る

をピックアップし、実際に私が撮った例を300枚以上使って、撮り方を解説しています。

 

無料メルマガに登録する

 

それでは、「写真上達レシピ」をちょっとだけ、ご紹介しましょう!

ここでご紹介したのはごく一部です。写真の例はこの20倍はありますので、

あなたが撮りたいシーンがきっと見つかるはずです。

  今回お渡しする講座やレシピは無料ではあるのですが、

あなたが現在お持ちのカメラがiPhoneであっても一眼レフであっても、

写真をより深く理解し、すぐに上手く撮る役に立ち、楽しめて、

【写真であなたの人生が豊かになる】ことを願って作りあげました。

  これほどたくさんの例をあげて様々なジャンルをカバーし、具体的に撮り方の解説をしている講座は 他にはありませんので、是非試してみてください。

無料メルマガに登録する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール写真

写真展とネット掲載

■写真展(個展)を10回以上開催
■2005年よりFlickrをはじめ、現在5,000枚ほど掲載
■Gettyにて写真データーを販売【175点】
■fotofever paris 2014年より3年連続出展
*fotofever paris とは、 世界最大の写真の見本市、イベントであるパリフォトと同時期にルーブル美術館の地下イベント会場であるルーブル・カローセルで開かれる。約100のギャラリーや出版社(日本からは8社)が出展。

◆販売実績

■fotofever parisにて、リアルプリントを、2015年2016年連続350EUR(約4万円/枚)でSOLD OUT。
■個展にて、リアルプリントを1.5万円〜2万円/枚(四切サイズ)で販売実績あり。
■Getty にて、データーを最高3万円/枚で販売した実績あり。

最近のコメント

    PAGE TOP