フィルムカメラのすすめ、写真の深みに触れる

音楽の世界では、アナログ(LP・ブラックディスク)が見直されています。それは、単なる郷愁ではなく、デジタルにはない人の感性に寄り添う何かがあるからではないでしょうか?

1975年〜使用 OLYMPUS PEN-FT(父の形見カメラ)@静岡県浜松市

僕は40年以上フィルムで写真を撮っていて、デジタルでも15年撮っていますが、そこには超えられない何かがあるとしか思えません。

女性に多いのですが、デジタルカメラで写真を始めたのに、あっという間に35mmフィルムの一眼レフ→そしてハッセルなどのブローニーフィルムを使うカメラを入手して写真を楽しんでいる人を多く見かけます。

1999年〜使用 Contax S2(21ヵ国に同行)@ギリシャ

デジタルの進歩はすさまじく目を見張るものがありますが、現在のロールフィルムは1889年コダックが発明して以来、120年以上の歴史がありその間先人が改良を重ねてきたものです。長い時間をかけて、人が良いと思う写真を追求して来た結果がココにあるわけです。それは、プリント用の印画紙にも当てはまります。コダックはデジカメも発明していながら、フィルムに拘るあまりに残念ながら経営不振となりフィルムの製造を中止せざるを得なくなりました。

現在では、FUJIFILMやILFORDなど数社が製造するのみとなってしまいましたが、文化遺産とも言えるフィルム、いつまでも残って欲しいと思います。

2009年〜2017年まで使用 Contax Tvs @神戸

デジタルの恩恵で、かつては暗室でしかできなかったプリントが、明室でそれもカラーでできるようになったことは、写真をより一層身近なものにし、撮影者が全てのプロセスを行えることにより表現の幅が広がりました。

それでも、特にモノクロ銀塩プリントには、インクジェットプリントでは到達しえない、深みと奥の深さがあります。

写真美術館や写真ギャラリーに行って銀塩プリントを実際に見ることで、写真の奥深さを実感することが出来ます。

プラチナプリントの存在感やリアリティは物凄いです!

もし、あなたがフィルムに興味を持たれたら、是非一度フィルムで撮影したり、モノクロフィルムの現像やプリントを体験してみたりすることをお薦めします。

※掲載している写真はすべてtabby撮影のものです。

----------------------------------------------------

【写真家tabbyの活動】

 

40年以上に渡り撮影を継続し、その撮影枚数は10万枚を超える。

 

◆「kindle写真集の出版」

■CRP第1弾

■CRP第2弾

■CRP第3弾

■CRP第4弾

■CRP第5弾

 

◆「写真展とネット掲載」

■写真展(個展)を10回以上開催

■2005年よりFlickrをはじめ、現在5,000枚ほど掲載

■Gettyにて写真データーを販売【175点】

■fotofever paris 2014年より3年連続出展 *fotofever paris とは、 世界最大の写真の見本市、イベントであるパリフォトと同時期にルーブル美術館の地下イベント会場であるルーブル・カローセルで開かれる。約100のギャラリーや出版社(日本からは8社)が出展。

 

無料メルマガ【メール写真上達室】にご登録いただいた方全員に「カメラ(機械)音痴を克服するSNS写真上達レシピ」をプレゼント

あなたがすぐに写真を上達させることができるように、50記事・40を超える動画を作成しました。

→あなたは「何を、どう撮るのか?」わかって、考えて撮っていますか? 

→あなたに合った間違わないカメラ選びについて知っていますか?

→撮影するジャンルごとの撮り方のコツを知っていますか?

撮影ジャンルとしては、

  • 風景を撮る
  • Food/Drinkを撮る
  • 人物を撮る
  • ネコを撮る
  • 花や紅葉を撮る
  • スナップを撮る

をピックアップし、実際に私が撮った例を300枚以上使って、撮り方を解説しています。

 

無料メルマガに登録する

 

それでは、「写真上達レシピ」をちょっとだけ、ご紹介しましょう!

ここでご紹介したのはごく一部です。写真の例はこの20倍はありますので、

あなたが撮りたいシーンがきっと見つかるはずです。

  今回お渡しする講座やレシピは無料ではあるのですが、

あなたが現在お持ちのカメラがiPhoneであっても一眼レフであっても、

写真をより深く理解し、すぐに上手く撮る役に立ち、楽しめて、

【写真であなたの人生が豊かになる】ことを願って作りあげました。

  これほどたくさんの例をあげて様々なジャンルをカバーし、具体的に撮り方の解説をしている講座は 他にはありませんので、是非試してみてください。

無料メルマガに登録する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール写真

写真展とネット掲載

■写真展(個展)を10回以上開催
■2005年よりFlickrをはじめ、現在5,000枚ほど掲載
■Gettyにて写真データーを販売【175点】
■fotofever paris 2014年より3年連続出展
*fotofever paris とは、 世界最大の写真の見本市、イベントであるパリフォトと同時期にルーブル美術館の地下イベント会場であるルーブル・カローセルで開かれる。約100のギャラリーや出版社(日本からは8社)が出展。

◆販売実績

■fotofever parisにて、リアルプリントを、2015年2016年連続350EUR(約4万円/枚)でSOLD OUT。
■個展にて、リアルプリントを1.5万円〜2万円/枚(四切サイズ)で販売実績あり。
■Getty にて、データーを最高3万円/枚で販売した実績あり。

最近のコメント

    PAGE TOP