写真好きなパリ人が認めた【tabbyのベスト”梅”ショット】 学生時代は憧れだったレンズ◎Zeiss Makro-Planar 2.8/100◎もご紹介します

写真のルーツといえばフランスですよね!

なので、1975年から写真を撮り続けてきた僕にとって、
パリの写真展に出品するのは”夢”のまた”夢”でした。

なぜ、長年の”夢”である【写真集の出版】を飛び越えて
fotofever paris というパリの写真展に出品できたのか?

その経緯は、このページの下の方にある

僕の写真がパリで売れた話。そのたった2つの理由を読んでいただきたいのですが、

今回は、出展3年目に350EURでパリの父娘が買ってくれた
■梅■の写真

その写真を撮ったレンズについてのお話をしたいと思います。

その写真はコレです。

↓↓↓

■梅■

撮影日:2003年3月
撮影場所:愛知県津具
カメラ:CONTAX S2
レンズ:CONTAX Makro-Planar 100mm f/2.8 T* AEG
フィルム:
Ektachrome

 

◎CONTAX Makro-Planar 100mm f/2.8 T* AEG

※レンズの画像はインターネットからお借り

■Contaxというカメラについて

1975年中3で父のカメラを借りて写真を始めてから20年
OLYMPUSの一眼レフを使っていましたが、
ドイツ製のカメラであるコンタックスは手が届かない別世界のモノだと思っていました。

ところが義父がカメラのコレクターであったことから、
幸運にも1999年〜【CONTAX S2】を借りて使うことが出来るようになりました。

■ContaxのレンズZeissについて

20代後半〜30代半ばまで上司だった人が趣味人でクルマやカメラに凝っていて、
Contaxのカメラ&レンズを多数所有していました。
彼曰く、「Zeissのレンズはドイツ製と日本製があるがドイツ製に限る!それはガラスが全く異なるからだ」

その蘊蓄を聞いた当時は、まだCONTAXを使うようになるとは思ってなかったので、
「そんなものかな?」と想像しただけだったのですが、




【CONTAX S2】と一緒にZeissのレンズを3本
1.Planar 50mm F1.4
2.Makro-Planar 100mm F2.8
3.Distagon 25mm F2.8
を借りたのですが、その内Makro-Planar 100mm F2.8だけが★Made in Germany★でした。

マクロレンズということもありますが、
とにかく重い!!本体も重いが、ヘリコイド(ピントを合わせる動き)も重い。

使ってみると
・ピントがシャープでボケが柔らかくてキレイなのは”Planar 50mm F1.4”も同じ
なのですが、
◎赤の発色や暗部の発色が全然違う!!
↑これが元上司が言ってた”ガラスの違い”なのかと納得しました。

 

最近ではスマホのカメラも進化して”解像度は十分”、
新しいモデルではレンズが3つ付いてて”背景をぼかすことも自由自在”
になってはいますが、
それでも良い素材を厳選し、試行錯誤の結果”人が美しいと感じる写真が撮れるよう”厳密に設計された
一眼レフ/レンジファインダー用の”良いレンズ”には
写真好きの心を魅了してやまない”なにか”があると思わざるを得ません。

 

感想はこのページ一番下のコメント欄にお願いします。

 

※掲載している写真はtabby撮影のものです。

 

あわせて読みたい記事

僕の写真がパリで売れた話。そのたった2つの理由

↓↓↓

僕の写真がパリで売れた話。そのたった2つの理由

梅のキレイな写真の撮り方、5つのシーン

↓↓↓

梅のキレイな写真の撮り方、5つのシーン

tabby

 

■ tabbyやこのブログに興味を持たれた方は、
■ LINE@をフォローしてください

↓↓↓コチラからお願いします

----------------------------------------------------

【写真家tabbyの活動】

 

40年以上に渡り撮影を継続し、その撮影枚数は10万枚を超える。

 

◆「kindle写真集の出版」

■CRP第1弾

■CRP第2弾

■CRP第3弾

■CRP第4弾

■CRP第5弾

■写真集第6弾(独自出版)

 

◆「写真展とネット掲載」

■写真展(個展)を10回以上開催

■2005年よりFlickrをはじめ、現在5,000枚ほど掲載

■Gettyにて写真データーを販売【175点】

■fotofever paris 2014年より3年連続出展 *fotofever paris とは、 世界最大の写真の見本市、イベントであるパリフォトと同時期にルーブル美術館の地下イベント会場であるルーブル・カローセルで開かれる。約100のギャラリーや出版社(日本からは8社)が出展。

 

無料メルマガ【メール写真上達室】にご登録いただいた方全員に「カメラ操作の苦手を克服し、感動が伝わる写真上達レシピ」をプレゼント

あなたがすぐに写真を上達させることができるように、50記事・40を超える動画を作成しました。

→あなたは「何を、どう撮るのか?」わかって、考えて撮っていますか? 

→あなたに合った間違わないカメラ選びについて知っていますか?

→撮影するジャンルごとの撮り方のコツを知っていますか?

撮影ジャンルとしては、

  • 風景を撮る
  • Food/Drinkを撮る
  • 人物を撮る
  • ネコを撮る
  • 花や紅葉を撮る
  • スナップを撮る

をピックアップし、実際に私が撮った例を300枚以上使って、撮り方を解説しています。

 

無料メルマガに登録する

 

それでは、「写真上達レシピ」をちょっとだけ、ご紹介しましょう!

ここでご紹介したのはごく一部です。写真の例はこの20倍はありますので、

あなたが撮りたいシーンがきっと見つかるはずです。

  今回お渡しする講座やレシピは無料ではあるのですが、

あなたが現在お持ちのカメラがiPhoneであっても一眼レフであっても、

写真をより深く理解し、すぐに上手く撮る役に立ち、楽しめて、

【写真であなたの人生が豊かになる】ことを願って作りあげました。

  これほどたくさんの例をあげて様々なジャンルをカバーし、具体的に撮り方の解説をしている講座は 他にはありませんので、是非試してみてください。

無料メルマガに登録する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール写真

写真展とネット掲載

■写真展(個展)を10回以上開催
■2005年よりFlickrをはじめ、現在5,000枚ほど掲載
■Gettyにて写真データーを販売【175点】
■fotofever paris 2014年より3年連続出展
*fotofever paris とは、 世界最大の写真の見本市、イベントであるパリフォトと同時期にルーブル美術館の地下イベント会場であるルーブル・カローセルで開かれる。約100のギャラリーや出版社(日本からは8社)が出展。

◆販売実績

■fotofever parisにて、リアルプリントを、2015年2016年連続350EUR(約4万円/枚)でSOLD OUT。
■個展にて、リアルプリントを1.5万円〜2万円/枚(四切サイズ)で販売実績あり。
■Getty にて、データーを最高3万円/枚で販売した実績あり。
PAGE TOP