ライブ撮影でスナップも上達する【瞬撮術】を身につけよう!作例12

【瞬撮術】を知っていますか?

これは僕が作った造語なのですが、

・撮りたい被写体を見極め【一瞬にして構図を決め】

・【ベストのタイミングを逃さず、シャッターを切る(押す)】

ことで、

スナップを撮る人は当然身に着けるべきテクニックですが、

風景やポートレートであっても(静物以外では)必須であるといえます。

なぜなら、写真とは

『瞬間を切り取る』ものであり、

『過ぎ去った時間は2度と帰ってこない』からです。

では、

tabbyはどうやってこの術を身に付け・磨いているのか?

その方法を今回のブログでお伝えします。

1.音楽ライブで動く被写体のベストショットを捉える

僕は2007年から好きなJazz/Latin Vocalistのライブに10年間45回くらい通って撮ってきました。

(もちろんライブ会場やアーティストには事前に了解を取っていますし、
撮影後は、セレクトした写真をアーティスト本人にチェックしてもらい
NGショットは公開しないようにしています。)

そうやって撮りためた写真に囲まれて本人が歌うという【写真展&ライブ】というイベントを

2011年と2017年に企画・開催しました。

それでは、北は北海道~南は岐阜・愛知まで行って撮ったライブ写を

ほんの少しですがご覧ください。

@鎌倉 2017年

@横浜

@東京

@東京

@仙台 2008年

@札幌 2009年

 

2.ベリーダンスでダンサーの激しい動きを美しく捉える

写真展を開催させてくれた多国籍レストランがベリーダンスのショーを定期的に開催しているので、

2010年頃からベリーダンスも撮っています。

とても難しい被写体ですがチャレンジし甲斐があります。

何故なら、

・ダンサーの動きが激しい

・会場が暗い

・音楽に合わせてライティングもめまぐるしく変わり、明るさの変化もはげしいので、露出を決めるのが難しい

したがって激しい動きを美しく捉えるには、

1.ISO感度は、【ISO800に固定】し、

2.シャッタースピードが1/30sより速くなるように、マニュアルレンズの絞りを調整しながら

【できるだけシャッターチャンスに集中できるよう】撮ります。

 

3.好きなアーティストをみつけたら、そのライブも

切っ掛けは、22年通っている料理民宿の子ども(姉妹)が自宅で歌っているところをYouTubeで発見したことでした。

それから、そのうちの一人が長野県の田舎の古い民家を改造したライブハウスでシンガーソングライターとして演奏しているのを知り、

応援を兼ねて訪れたのが2013年。それから、年に数回通っています。

アーティストは10代後半から20代がほとんどなので、荒削りなこともありますが、メッセージがストレートに伝わってきて感動します。

そして、”歌や演奏がいいな”と思ったら、おもむろにカメラを取り出し撮る。というスタイルです。

ここは会場が小さいので、アーティストの近くから撮れるのですが、

やはりライティングが凝っていて、なかなか難しい。

それでも”いい瞬間”が捉えられ、本人にも喜んでもらえると、

【写真やってて良かった!】としみじみ思います。

↓↓↓

こちらの作例は、

下記のあわせて読みたい記事の2つめをご覧ください。

 

 

まとめ

瞬撮するためには、

シャッターチャンスに集中できるよう

・事前にカメラのセッティングを終えておく

具体的には、

・その場の明るさに合った【ISO感度】の設定

・自分の表現に合った【WB(ホワイトバランス)】の設定

をすることです。

フレーミングを一瞬で決めるためには、

・主題に集中しながら、画面の隅々にまで気を配る

それでも、被写体の動きが激しくて余計なものが写ったりすることもあるでしょう。

そういう場合は、

レタッチでトリミングするといいです。

 

感想はこのページ一番下のコメント欄にお願いします。

 

※掲載している写真はすべてtabby撮影のものです。

 

あわせて読みたい記事

ライブの撮り方、アーティストごと6つのコツ

↓↓↓

ライブの撮り方、アーティストごと6つのコツ

 

ライブの雰囲気をそのまま伝える、たった1つの撮影のコツ【デジカメ設定】

↓↓↓

ライブの雰囲気をそのまま伝える、たった1つの撮影のコツ【デジカメ設定】

 

tabby

 

■ tabbyやこのブログに興味を持たれた方は、
■ LINE@をフォローしてください

↓↓↓コチラからお願いします

----------------------------------------------------

【写真家tabbyの活動】

 

40年以上に渡り撮影を継続し、その撮影枚数は10万枚を超える。

 

◆「kindle写真集の出版」

■CRP第1弾

■CRP第2弾

■CRP第3弾

■CRP第4弾

■CRP第5弾

 

◆「写真展とネット掲載」

■写真展(個展)を10回以上開催

■2005年よりFlickrをはじめ、現在5,000枚ほど掲載

■Gettyにて写真データーを販売【175点】

■fotofever paris 2014年より3年連続出展 *fotofever paris とは、 世界最大の写真の見本市、イベントであるパリフォトと同時期にルーブル美術館の地下イベント会場であるルーブル・カローセルで開かれる。約100のギャラリーや出版社(日本からは8社)が出展。

 

無料メルマガ【メール写真上達室】にご登録いただいた方全員に「カメラ操作の苦手を克服し、感動が伝わる写真上達レシピ」をプレゼント

あなたがすぐに写真を上達させることができるように、50記事・40を超える動画を作成しました。

→あなたは「何を、どう撮るのか?」わかって、考えて撮っていますか? 

→あなたに合った間違わないカメラ選びについて知っていますか?

→撮影するジャンルごとの撮り方のコツを知っていますか?

撮影ジャンルとしては、

  • 風景を撮る
  • Food/Drinkを撮る
  • 人物を撮る
  • ネコを撮る
  • 花や紅葉を撮る
  • スナップを撮る

をピックアップし、実際に私が撮った例を300枚以上使って、撮り方を解説しています。

 

無料メルマガに登録する

 

それでは、「写真上達レシピ」をちょっとだけ、ご紹介しましょう!

ここでご紹介したのはごく一部です。写真の例はこの20倍はありますので、

あなたが撮りたいシーンがきっと見つかるはずです。

  今回お渡しする講座やレシピは無料ではあるのですが、

あなたが現在お持ちのカメラがiPhoneであっても一眼レフであっても、

写真をより深く理解し、すぐに上手く撮る役に立ち、楽しめて、

【写真であなたの人生が豊かになる】ことを願って作りあげました。

  これほどたくさんの例をあげて様々なジャンルをカバーし、具体的に撮り方の解説をしている講座は 他にはありませんので、是非試してみてください。

無料メルマガに登録する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール写真

写真展とネット掲載

■写真展(個展)を10回以上開催
■2005年よりFlickrをはじめ、現在5,000枚ほど掲載
■Gettyにて写真データーを販売【175点】
■fotofever paris 2014年より3年連続出展
*fotofever paris とは、 世界最大の写真の見本市、イベントであるパリフォトと同時期にルーブル美術館の地下イベント会場であるルーブル・カローセルで開かれる。約100のギャラリーや出版社(日本からは8社)が出展。

◆販売実績

■fotofever parisにて、リアルプリントを、2015年2016年連続350EUR(約4万円/枚)でSOLD OUT。
■個展にて、リアルプリントを1.5万円〜2万円/枚(四切サイズ)で販売実績あり。
■Getty にて、データーを最高3万円/枚で販売した実績あり。
PAGE TOP