ビールの美味しい撮り方、4つのコツ

お酒が好きで、それも1番好きなのはビールという方は多いのではないでしょうか?
そこで今回はビールの美味しい撮り方を解説します。

美味しそうな泡を撮る

ドイツビール@蓼科

ビールを美味しく呑むには泡が肝心です。

ビールに厳格なドイツではグラスに線が書いてあり、その線ぴったりに注がなければなりません。数字に拘る国民性だけではなく、それだけ泡との比率が大切だと考えているのでしょう。

さて、その泡を含めて美味しそうに撮るには、【泡が消えないうちに素早く撮る】のがコツです。つまり、ビールが運ばれてきてからカメラの設定をあーでもないこーでもないとやっているとダメだということです。

テーブルフォト全般に言えることですが、出てきたら素早く撮って、美味しいうちにすぐにいただくというのが極意ですね!

泡の白をキレイに撮るには、白がグレーにならないように露出を設定します。

iPhoneでは

泡の1番明るいところではなく、下の方の泡の暗い部分にピントを合わせる。(1枚目の例)

一眼レフでは

露出をプラス気味に補正する。

こうすると、泡がふんわり美味しそうに写せます。

チェコのビール@赤坂

立ち上る泡を撮る

@Italy

@大阪

泡のもう一つの写し方として、【勢いよく立ち上る泡を写す】方法があります。

グラスの中の泡が主題なので、グラスの表面ではなくちょっと内側にピントを合わせたいわけですが、

iPhoneでは

グラスの1番手前ではなく、ちょっと横の部分にピントを合わせる。(1枚目の例)

一眼レフでは

iPhoneと同じようにするか、オートで1番手前に合わせてからマニュアルで少し奥にピントをずらす。

2枚目の例では、グラス表面の【Heineken】のロゴにピントを合わせていますが、ここまでたくさん泡がでていて美味しそうに見えれば、これはこれでいいと思います。

それから、泡をキレイに撮る場合、ライティングは逆光にしてください。

瓶や缶と一緒に撮る

@札幌

ここでは、これまでのアップからちょっと引いて周りも入れて撮る方法です。

1枚目の例は、ビールと缶・テーブルクロス・奥の新聞というそれぞれ異なる質感と、まだ日が低いため横に長く伸びた影。これらの組み合わせの面白さを活かすためモノクロで撮っています。

もし、カラーで撮っていたら【ただの日常】あるいは【ちょっとゴチャゴチャして煩い】写真になっていたはずです。

2枚目の例は、ワインや日本酒を撮る場合よく使う撮り方ですが、珍しい銘柄の場合に記録を兼ねるという目的もあります。

ラベルがハッキリ写らないと意味がないので、通常飲み物を撮る【逆光】ではなく、【順光】で撮っていますが、それでもビールは美味しく撮りたいので、泡の分量に気を付けて(泡がなくなる前に)撮っています。

@小豆島

夕暮れの一杯を撮る

@Paris

ビールといえば、いつ飲んでも美味しいのですが、やはり仕事を終えてからとか一汗かいた後は格別ですよね。

この例は、パリの休日に一日歩き回った後、Happy Hour(通常、半額)になったので、飲み始めたところです。ビールに夕陽が射してキレイ&とっても美味しそうです。

こういう場合の撮り方は、光が入った部分が明るくなりすぎないように、露出をマイナスにすることです。そうすることで、周りが暗く落ち、琥珀色が強調され一層美味しく見えます。

この写真では、ビールが遠くにも映っていることでアクセントになり奥行き感も出ています。

※掲載している写真はすべてtabby撮影のものです。

----------------------------------------------------

【写真家tabbyの活動】

 

40年以上に渡り撮影を継続し、その撮影枚数は10万枚を超える。

 

◆「kindle写真集の出版」

■CRP第1弾

■CRP第2弾

■CRP第3弾

■CRP第4弾

■CRP第5弾

 

◆「写真展とネット掲載」

■写真展(個展)を10回以上開催

■2005年よりFlickrをはじめ、現在5,000枚ほど掲載

■Gettyにて写真データーを販売【175点】

■fotofever paris 2014年より3年連続出展 *fotofever paris とは、 世界最大の写真の見本市、イベントであるパリフォトと同時期にルーブル美術館の地下イベント会場であるルーブル・カローセルで開かれる。約100のギャラリーや出版社(日本からは8社)が出展。

 

無料メルマガ【メール写真上達室】にご登録いただいた方全員に「カメラ(機械)音痴を克服するSNS写真上達レシピ」をプレゼント

あなたがすぐに写真を上達させることができるように、50記事・40を超える動画を作成しました。

→あなたは「何を、どう撮るのか?」わかって、考えて撮っていますか? 

→あなたに合った間違わないカメラ選びについて知っていますか?

→撮影するジャンルごとの撮り方のコツを知っていますか?

撮影ジャンルとしては、

  • 風景を撮る
  • Food/Drinkを撮る
  • 人物を撮る
  • ネコを撮る
  • 花や紅葉を撮る
  • スナップを撮る

をピックアップし、実際に私が撮った例を300枚以上使って、撮り方を解説しています。

 

無料メルマガに登録する

 

それでは、「写真上達レシピ」をちょっとだけ、ご紹介しましょう!

ここでご紹介したのはごく一部です。写真の例はこの20倍はありますので、

あなたが撮りたいシーンがきっと見つかるはずです。

  今回お渡しする講座やレシピは無料ではあるのですが、

あなたが現在お持ちのカメラがiPhoneであっても一眼レフであっても、

写真をより深く理解し、すぐに上手く撮る役に立ち、楽しめて、

【写真であなたの人生が豊かになる】ことを願って作りあげました。

  これほどたくさんの例をあげて様々なジャンルをカバーし、具体的に撮り方の解説をしている講座は 他にはありませんので、是非試してみてください。

無料メルマガに登録する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール写真

写真展とネット掲載

■写真展(個展)を10回以上開催
■2005年よりFlickrをはじめ、現在5,000枚ほど掲載
■Gettyにて写真データーを販売【175点】
■fotofever paris 2014年より3年連続出展
*fotofever paris とは、 世界最大の写真の見本市、イベントであるパリフォトと同時期にルーブル美術館の地下イベント会場であるルーブル・カローセルで開かれる。約100のギャラリーや出版社(日本からは8社)が出展。

◆販売実績

■fotofever parisにて、リアルプリントを、2015年2016年連続350EUR(約4万円/枚)でSOLD OUT。
■個展にて、リアルプリントを1.5万円〜2万円/枚(四切サイズ)で販売実績あり。
■Getty にて、データーを最高3万円/枚で販売した実績あり。

最近のコメント

    PAGE TOP