【滝】の上手な撮り方。作例7ショット、【紅葉とのコラボ】あり

滝が上手く撮れますか?

『滝が上手く撮れません、どうして?どうしたらいいですか?』
という悩みや質問をメルマガ読者さんから時々もらいます。

実は【滝】を上手に撮るのは難しく、
一眼でもオートで撮っているとほとんどNGになる場合が多いと思います。

その理由は、

・天気や光の当たり方
⇒くもりや日陰だと、コントラストが低くメリハリのない画になる
部分的に太陽が当たっていると、逆にコントラストが高すぎて、滝とそれ以外の両方が適正露出(明るさ)にならない

・構図
⇒滝を全部入れると周りの面積が大きくなり迫力不足となる
滝をアップにすると、”どこを切り取ったらいいか?”悩む/わからない

・ピント
⇒オートだと滝の流れには合いにくい(特にくもり/日陰でコントラストが低すぎる場合)
マニュアルで合わせようとしても、暗くてピントの山がわかりにくい

・露出
⇒滝を白く流して美しく撮ろうとすると、周りも適正にはならない
(周りのグリーンが明るすぎたり、滝壺など暗いと真っ黒になって水の色がわからないetc.)

・ブレ
⇒滝を白く流して美しく撮ろうとすると、スローシャッターになるので、手ぶれしやすい
さらに風があると木の葉が揺れて、被写体ぶれする

などなど、
経験が浅いと難題がたくさんありすぎ(笑)な被写体なんですね。

それでは今回は、僕が主催した
【三重県・赤目四十八滝】での撮影会から作例をご覧ください!

■全体を撮る

【布引滝】

滝の上には黄葉、下には滝壺を入れ、滝を右寄りに配してバランスを取る

 

【不動滝】
滝全体+滝壺も入れて、水の美しさを表現する

 

■アップを撮る

【千手滝】の名の通り”千手観音”から来てるので、この写真のように正面からズバリアップがいいですね!
また、ちょうど滝の部分に光が射しているので、水の流れも濡れた岩の質感も綺麗に撮れています
[写真は、コミュニティーメンバーCさんよりお借り]

 

このように滝が1本ではなく、複雑な流れになっている場合、
その配置やバランスがとても難しいのですが、完璧です!
岩に苔があったり、森のグリーンが映り込んでいるのも綺麗ですよね。
(ただの乾いた岩だと汚い/物足りない感じになりがちなので)
[写真は、コミュニティーメンバーNさんよりお借り]

 

■紅葉とのコラボを撮る
・・・紅葉のピークより1週間くらい早かったのでイマイチですが

布引滝+黄葉

 

【骸骨滝】
この滝は高低差があまりないのと、水量も少ないので、
滝自体に迫力はないですが

 

●ワンポイントアドバイス

・天気や光の当たり方
⇒滝に光が射した瞬間を逃さず撮ろう!
くもりなら他にワンポイントになるものをプラスしよう

・構図
⇒滝を全部入れる場合、滝壺や紅葉などを少し入れたり、
滝の流れる方向を考えてフレームのどこに配するとバランスがいいか?考える

・ピント
⇒オートだと滝の流れには合いにくいので、
マニュアルで合わせる(開放F値が小さい=明るいレンズがおすすめ)

・露出
⇒滝を白く流して美しく撮るには、シャッタースピードは1/15S〜1/8Sを目安に

・ブレ
⇒スローシャッターになり、手ぶれしやすいので、
三脚を使用するか、橋の欄干・杭・樹木などにカメラや身体を押しつけて撮るといいです!

 

いかがでしたか?

感想はこのページ一番下のコメント欄にお願いします。

 

※掲載している写真は(注釈付きの写真以外は)tabby撮影のものです。

あわせて読みたい記事

■紅葉をキレイに撮るための6つのテクニック

↓↓↓《動画あり》

紅葉をキレイに撮るための6つのテクニック

 

【涼しげな写真】スローシャッタで流れを撮る、2つのコツ

↓↓↓

【涼しげな写真】スローシャッタで流れを撮る、2つのコツ

 

tabby

 

■ tabbyやこのブログに興味を持たれた方は、
■ LINE@をフォローしてください

↓↓↓コチラからお願いします

----------------------------------------------------

【写真家tabbyの活動】

 

40年以上に渡り撮影を継続し、その撮影枚数は10万枚を超える。

 

◆「kindle写真集の出版」

■CRP第1弾

■CRP第2弾

■CRP第3弾

■CRP第4弾

■CRP第5弾

■写真集第6弾(独自出版)

 

◆「写真展とネット掲載」

■写真展(個展)を10回以上開催

■2005年よりFlickrをはじめ、現在5,000枚ほど掲載

■Gettyにて写真データーを販売【175点】

■fotofever paris 2014年より3年連続出展 *fotofever paris とは、 世界最大の写真の見本市、イベントであるパリフォトと同時期にルーブル美術館の地下イベント会場であるルーブル・カローセルで開かれる。約100のギャラリーや出版社(日本からは8社)が出展。

 

無料メルマガ【メール写真上達室】にご登録いただいた方全員に「カメラ操作の苦手を克服し、感動が伝わる写真上達レシピ」をプレゼント

あなたがすぐに写真を上達させることができるように、50動画・275本を超える記事を作成しました。

→あなたは「何を、どう撮るのか?」わかって、考えて撮っていますか? 

→あなたに合った間違わないカメラ選びについて知っていますか?

→撮影するジャンルごとの撮り方のコツを知っていますか?

撮影ジャンルとしては、

  • 風景を撮る
  • Food/Drinkを撮る
  • 人物を撮る
  • ネコを撮る
  • 花や紅葉を撮る
  • スナップを撮る

をピックアップし、実際に私が撮った例を300枚以上使って、撮り方を解説しています。

 

無料メルマガに登録する

 

それでは、「写真上達レシピ」をちょっとだけ、ご紹介しましょう!

ここでご紹介したのはごく一部です。写真の例はこの20倍はありますので、

あなたが撮りたいシーンがきっと見つかるはずです。

  今回お渡しする講座やレシピは無料ではあるのですが、

あなたが現在お持ちのカメラがiPhoneであっても一眼レフであっても、

写真をより深く理解し、すぐに上手く撮る役に立ち、楽しめて、

【写真であなたの人生が豊かになる】ことを願って作りあげました。

  これほどたくさんの例をあげて様々なジャンルをカバーし、具体的に撮り方の解説をしている講座は 他にはありませんので、是非試してみてください。

無料メルマガに登録する

コメント

    • 佐々木功
    • 2021年 11月 06日

    先日機会があり滝を撮って来ました。
    構図の取り方が難しいですね!
    参考にさせていただきます。

      • tobi911
      • 2021年 11月 06日

      参考になったら嬉しいです。

      滝は形も周りの状況もいろいろなので、難しいですよね!
      僕も毎回試行錯誤です。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール写真

写真展とネット掲載

■写真展(個展)を10回以上開催
■2005年よりFlickrをはじめ、現在5,000枚ほど掲載
■Gettyにて写真データーを販売【175点】
■fotofever paris 2014年より3年連続出展
*fotofever paris とは、 世界最大の写真の見本市、イベントであるパリフォトと同時期にルーブル美術館の地下イベント会場であるルーブル・カローセルで開かれる。約100のギャラリーや出版社(日本からは8社)が出展。

◆販売実績

■fotofever parisにて、リアルプリントを、2015年2016年連続350EUR(約4万円/枚)でSOLD OUT。
■個展にて、リアルプリントを1.5万円〜2万円/枚(四切サイズ)で販売実績あり。
■Getty にて、データーを最高3万円/枚で販売した実績あり。
PAGE TOP