写真は愛、愛する人を撮る

【写真は愛】というのは、巨匠アラーキーの名言ですが、写真の本質をこれほど端的に表す言葉はありません。

被写体が人であれなんであれ、その対象を愛して/好きでなければ、見る人の心に響く写真は撮れませんし、写真は自らの心を写す鏡なので邪な気持ちも清らかな気持ちも写ってしまい、それは【見る人が見ればわかる】ある意味恐ろしいメディアです。

弟と母

1975 @北海道札幌 1978 @北海道札幌

ここで紹介する写真はテクニック的には拙いのですが、あえて掲載します。

1枚目は、弟の目のアップですが初めて撮ったフィルムの一コマです。

フィルムの痛みが激しいので、スキャン後ゴミ取りをしてモノクロ化しています。

ピントは、目尻にしかあってなく瞳はぼんやりしていますが、好きな写真です。

2枚目は、高校時代に撮った母ですが、母がまだ40代のはず。親って撮る方も撮られる方もなんだか照れくさくて意外と撮らないものですが、こうして40年も経つと今の自分より若い母がそこに残っていて感慨深いものがあります。

ライティング的には、ストロボで撮っていて、顔と後ろの壁が近いので影が強く出てしまっていて、あまりよくないのですが、ここまでストレートに撮った母の写真は他にないので、貴重な1枚です。

2015 @イタリア・パレルモ空港

2014 @山梨県八ヶ岳

1枚目の例は、空港でiPhoneで撮っていますが、日陰で撮ることで、柔らかい表情がとれています。日陰と言っても鼻の斜め下に影が出来るくらい日射しは強いので陰影のある表情になっています。

撮り方は、人を撮るのに理想的と言われる、レンブラントライト(斜め45°から光が当たっている、この写真のような影が顔にできる)を意識して人を立たせることと、顔が暗くなりすぎないような露出に設定することです。

そうすることで、雲の明るい部分は白く飛んでいますが、主題が人物なのでOKです。

2枚目の例は、旅先のペンションで夕暮れに一眼レフで撮っています。

レストランの電球照明によって、アイキャッチが入り、顔に赤みが射して顔が浮き出ています。

そして、背景をまだ明るい外光が入る窓にすることで、シンプルで柔らかい画になっています。

長男と妻

2010 成人式 @静岡県浜松

この例は、長男の成人式の日に撮っています。

親の背を超えて成長した息子と母親。やっと大人になり大人として認められる節目を親子ともに感じ、その喜びが表れているのではないでしょうか。

曇りの日だったので、顔に強い影ができず柔和な表情が捉えられています。

こういう場合は、縦構図として周りに余計なものをなるべく入れず、2人の表情を追った方がいいです。

次男と妻

2013 @静岡県浜松

高校時代、僕と同じ写真部だったのに、これも僕に似て写真を撮られるのが苦手な次男。

それでも、この日は母のリクエストに応えて、いい笑顔を撮らせてくれました。好物のソフトクリームが功を奏したのかもしれませんが。

撮ったのは夏休みの一日ですが、かなり日が傾いている時間帯なので、顔に日が当たる場所に立たせて撮っています。

さっさと撮らないとソフトクリームが溶けてしまうので、背景を変えながら3〜4カット撮ったうちの1枚です。

このように、良い表情を捉えるには会話しながら撮る、さっさと撮ることも必要です。

兄弟2人

2010 @静岡県浜松

2005 @長野県飯田

1枚目の例は、ラーメン屋で撮っていますが、左の次男はサイドライトで顔の彫りが深く写っているのに、右の長男は逆光でレンズに光が当たってボンヤリしています。

このように席が決まっている場合、どうしようもないのですが、ちょっとした角度でここまで変わるという例です。

2枚目の例は、旅先の宿に近い公園でのスナップです。後ろ姿ですが、仲の良い兄弟の関係が写っています。

こういう場合は、オートでタイミングだけ気にして撮ればOKです。

※掲載している写真はすべてtabby撮影のものです。

----------------------------------------------------

【写真家tabbyの活動】

 

40年以上に渡り撮影を継続し、その撮影枚数は10万枚を超える。

 

◆「kindle写真集の出版」

■CRP第1弾

■CRP第2弾

■CRP第3弾

■CRP第4弾

■CRP第5弾

 

◆「写真展とネット掲載」

■写真展(個展)を10回以上開催

■2005年よりFlickrをはじめ、現在5,000枚ほど掲載

■Gettyにて写真データーを販売【175点】

■fotofever paris 2014年より3年連続出展 *fotofever paris とは、 世界最大の写真の見本市、イベントであるパリフォトと同時期にルーブル美術館の地下イベント会場であるルーブル・カローセルで開かれる。約100のギャラリーや出版社(日本からは8社)が出展。

 

無料メルマガ【メール写真上達室】にご登録いただいた方全員に「カメラ(機械)音痴を克服するSNS写真上達レシピ」をプレゼント

あなたがすぐに写真を上達させることができるように、50記事・40を超える動画を作成しました。

→あなたは「何を、どう撮るのか?」わかって、考えて撮っていますか? 

→あなたに合った間違わないカメラ選びについて知っていますか?

→撮影するジャンルごとの撮り方のコツを知っていますか?

撮影ジャンルとしては、

  • 風景を撮る
  • Food/Drinkを撮る
  • 人物を撮る
  • ネコを撮る
  • 花や紅葉を撮る
  • スナップを撮る

をピックアップし、実際に私が撮った例を300枚以上使って、撮り方を解説しています。

 

無料メルマガに登録する

 

それでは、「写真上達レシピ」をちょっとだけ、ご紹介しましょう!

ここでご紹介したのはごく一部です。写真の例はこの20倍はありますので、

あなたが撮りたいシーンがきっと見つかるはずです。

  今回お渡しする講座やレシピは無料ではあるのですが、

あなたが現在お持ちのカメラがiPhoneであっても一眼レフであっても、

写真をより深く理解し、すぐに上手く撮る役に立ち、楽しめて、

【写真であなたの人生が豊かになる】ことを願って作りあげました。

  これほどたくさんの例をあげて様々なジャンルをカバーし、具体的に撮り方の解説をしている講座は 他にはありませんので、是非試してみてください。

無料メルマガに登録する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール写真

写真展とネット掲載

■写真展(個展)を10回以上開催
■2005年よりFlickrをはじめ、現在5,000枚ほど掲載
■Gettyにて写真データーを販売【175点】
■fotofever paris 2014年より3年連続出展
*fotofever paris とは、 世界最大の写真の見本市、イベントであるパリフォトと同時期にルーブル美術館の地下イベント会場であるルーブル・カローセルで開かれる。約100のギャラリーや出版社(日本からは8社)が出展。

◆販売実績

■fotofever parisにて、リアルプリントを、2015年2016年連続350EUR(約4万円/枚)でSOLD OUT。
■個展にて、リアルプリントを1.5万円〜2万円/枚(四切サイズ)で販売実績あり。
■Getty にて、データーを最高3万円/枚で販売した実績あり。

最近のコメント

    PAGE TOP