モノクロ写真は好きですか?その特長と撮影のコツ3つ、17作例

モノクロ写真が好きです!

高校写真部では、
KodakのTri-Xというフィルムの100ft(30.5m)缶から42枚分を切り出しパトローネに詰め、
撮影⇒自分で現像〜引き伸ばし(プリント)をしていましたし、

大学時代は、
写真屋でバイトして、工事現場の写真を夜中まで焼いたり(プリント)してました。

そもそも、写真に興味を持ったのが
小学生のころ父と暗室で見た”モノクロ写真の画が浮き出てくる”という体験でした。

 

そこで今回は【モノクロ写真の特長を活かす撮り方】をご紹介したいと思います。

■スナップ・・・【出会いの一瞬を捉える】

■風景・・・【陰影を活かして】

■ポートレート(人物)・・・【外見だけでなく内面も】

 

それでは作例をご覧ください。

スナップ・・・【出会いの一瞬を捉える】

ハンブルグの森(ドイツ)

早朝のハンブルグ(ドイツ)[プリントからスキャン]

セーヌ川(Paris)[プリントからスキャン]

 

ピピ島(タイ)

 

Long Bar(Sigapore )[カラースライドからモノクロ化]

ゲッティンゲン(ドイツ)のレストランにて[プリントからスキャン]

 

・モノクロは色がないので、撮影者の意図を伝えやすいという特長があります。

スナップでは【出会いの一瞬を逃さず捉える】ことを念頭に”いつでも撮れる”カメラ設定で臨みましょう。
時にはブレてもそれが”2度とない瞬間”を切り取ったことになります。

 

風景・・・【陰影を活かして】

ブロモ山(インドネシア)

 

星置川(札幌)

星置神社(札幌)

ゲッティンゲン(ドイツ)のレストラン[プリントからスキャン]

ポンデザール(Paris)[プリントからスキャン]

・モノクロは色がないので、トーンのみで伝える必要があります。

風景では【陰影を意識して】コントラストを付けたりパターンを捉えたりしましょう。

特にカラーからモノクロ化する場合、
”単に彩度を下げるだけでなく”レタッチでフィルター効果を使うなどして
フラットではないメリハリのある画にしましょう。

 

ポートレート(人物)・・・【外見だけでなく内面も】

Mayu

Yuri

マタニティ

Rina

Mizuki

Miho

・ポートレートの場合、色がない=肌色の美しさは表現できないので、
表情を主体に撮ります。

反面、【モデルの内面や撮影者との関係が写りやすくなる】ので、
会話するなどして自然な表情や魅力を引きだしましょう。

※アイキャッチを入れるのも、効果的です!

 

まとめ

・モノクロは色がないので、トーンのみで伝える必要があるが、
撮影者の意図を伝えやすいという特長がある。

■スナップでは、
【出会いの一瞬を逃さず捉える】ことを念頭に”いつでも撮れる”態勢で。
ブレても気にしない!

■風景では、
【陰影を意識して】コントラストを付けたりパターンを捉えたりする。
カラーからモノクロ化する場合、”単に彩度を下げるだけではダメ(な場合がほとんど)”

■ポートレートでは、
【モデルの内面や撮影者との関係が写りやすくなる】ので、
会話するなどして自然な表情や魅力を引きだす。

 

いかがでしたか?
あなたも、是非モノクロの世界にはまってみてください。

 

感想はこのページ一番下のコメント欄にお願いします。

 

※掲載している写真はすべてtabby撮影のものです。

 

あわせて読みたい記事

モノクロでカッコいいスナップを撮るための5つのテクニック

↓↓↓

モノクロでカッコいいスナップを撮るための5つのテクニック

 

女性を素敵に撮る4つのポートレートテクニック

↓↓↓

女性を素敵に撮る4つのポートレートテクニック

 

雨や曇り。女性を美しく撮るライティングの極意。たった1つ

↓↓↓

雨や曇り。女性を美しく撮るライティングの極意。たった1つ

tabby

 

■ tabbyやこのブログに興味を持たれた方は、
■ LINE@をフォローしてください

↓↓↓コチラからお願いします

----------------------------------------------------

【写真家tabbyの活動】

 

40年以上に渡り撮影を継続し、その撮影枚数は10万枚を超える。

 

◆「kindle写真集の出版」

■CRP第1弾

■CRP第2弾

■CRP第3弾

■CRP第4弾

■CRP第5弾

 

◆「写真展とネット掲載」

■写真展(個展)を10回以上開催

■2005年よりFlickrをはじめ、現在5,000枚ほど掲載

■Gettyにて写真データーを販売【175点】

■fotofever paris 2014年より3年連続出展 *fotofever paris とは、 世界最大の写真の見本市、イベントであるパリフォトと同時期にルーブル美術館の地下イベント会場であるルーブル・カローセルで開かれる。約100のギャラリーや出版社(日本からは8社)が出展。

 

無料メルマガ【メール写真上達室】にご登録いただいた方全員に「カメラ操作の苦手を克服し、感動が伝わる写真上達レシピ」をプレゼント

あなたがすぐに写真を上達させることができるように、50記事・40を超える動画を作成しました。

→あなたは「何を、どう撮るのか?」わかって、考えて撮っていますか? 

→あなたに合った間違わないカメラ選びについて知っていますか?

→撮影するジャンルごとの撮り方のコツを知っていますか?

撮影ジャンルとしては、

  • 風景を撮る
  • Food/Drinkを撮る
  • 人物を撮る
  • ネコを撮る
  • 花や紅葉を撮る
  • スナップを撮る

をピックアップし、実際に私が撮った例を300枚以上使って、撮り方を解説しています。

 

無料メルマガに登録する

 

それでは、「写真上達レシピ」をちょっとだけ、ご紹介しましょう!

ここでご紹介したのはごく一部です。写真の例はこの20倍はありますので、

あなたが撮りたいシーンがきっと見つかるはずです。

  今回お渡しする講座やレシピは無料ではあるのですが、

あなたが現在お持ちのカメラがiPhoneであっても一眼レフであっても、

写真をより深く理解し、すぐに上手く撮る役に立ち、楽しめて、

【写真であなたの人生が豊かになる】ことを願って作りあげました。

  これほどたくさんの例をあげて様々なジャンルをカバーし、具体的に撮り方の解説をしている講座は 他にはありませんので、是非試してみてください。

無料メルマガに登録する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール写真

写真展とネット掲載

■写真展(個展)を10回以上開催
■2005年よりFlickrをはじめ、現在5,000枚ほど掲載
■Gettyにて写真データーを販売【175点】
■fotofever paris 2014年より3年連続出展
*fotofever paris とは、 世界最大の写真の見本市、イベントであるパリフォトと同時期にルーブル美術館の地下イベント会場であるルーブル・カローセルで開かれる。約100のギャラリーや出版社(日本からは8社)が出展。

◆販売実績

■fotofever parisにて、リアルプリントを、2015年2016年連続350EUR(約4万円/枚)でSOLD OUT。
■個展にて、リアルプリントを1.5万円〜2万円/枚(四切サイズ)で販売実績あり。
■Getty にて、データーを最高3万円/枚で販売した実績あり。
PAGE TOP