【くもりの日、梅をキレイに撮るには?】しだれ梅祭り@名古屋から、11ショット

梅、思うように撮れていますか?

梅や桜って
『見るととてもキレイで感動するのに、
写真に撮るとその感動が写っていません。
どうしたら上手く撮れるのですか?』とよく聞かれます。

まして天気が晴れではなく
”くもり”だったら一層難しいですよね!
実は僕も長い間苦手でした。
そこで、今回は”くもり”でも梅をキレイに撮るヒントやコツをお伝えします。

 

■全体を撮る・・・ヒント⇒【空を入れない】

くもり空を入れて撮ってしまうと、
『あぁ、天気が悪いんだな、晴れの青空だったら良いのにな!』
と見る人がガッカリしてしまうので、
”極力くもり空は入れずに”アングルを工夫して撮りましょう!

 

■枝ぶりを撮る・・・ヒント⇒【流れを意識する】

しだれ梅なので、”のれん”のように撮ってみましょう

 

これらの2枚は”暗いバック(背景)”を探して撮ったショットですが、
↑上は”全体が暗い” のに対し、
↓下は”曲がった太い幹をアクセント”にして撮っています

どちらが好みでしょうか?

 

このショットはアップ気味ですが、
梅花のキレイな枝3本を選び、
”バック(背景)を芝生のグリーン”にして
シンプルに撮っています

 

■アップを撮る・・・ヒント⇒【背景をシンプルにする】

”くもり空をバック(背景)”に
ハイキーに(全体を明るく)
バックはあえて白く飛ばして、ピンクの花びらの透明感を出す!

 

”暗いバック(背景)”を選んで、
白梅が浮かび上がるように

 

【Pink in Pink】
アップで、バックはピンクで
(バックはピンクの梅すだれ)

 

梅のバックは”太い幹”にして、
暗い背景になるように

 

グリーンの葉をバックに

 

菜の花の黄色をバックに
一輪をクローズアップ!

 

いかがでしたか?
撮影のヒントになったら嬉しいです。

感想はこのページ一番下のコメント欄にお願いします。

 

※掲載している写真はすべてtabby撮影のものです。

あわせて読みたい記事

梅のキレイな写真の撮り方、5つのシーン

↓↓↓《5分の動画あり》

梅のキレイな写真の撮り方、5つのシーン

 

tabby

 

■ tabbyやこのブログに興味を持たれた方は、
■ LINE@をフォローしてください

↓↓↓コチラからお願いします

----------------------------------------------------

【写真家tabbyの活動】

 

40年以上に渡り撮影を継続し、その撮影枚数は10万枚を超える。

 

◆「kindle写真集の出版」

■CRP第1弾

■CRP第2弾

■CRP第3弾

■CRP第4弾

■CRP第5弾

■写真集第6弾(独自出版)

 

◆「写真展とネット掲載」

■写真展(個展)を10回以上開催

■2005年よりFlickrをはじめ、現在5,000枚ほど掲載

■Gettyにて写真データーを販売【175点】

■fotofever paris 2014年より3年連続出展 *fotofever paris とは、 世界最大の写真の見本市、イベントであるパリフォトと同時期にルーブル美術館の地下イベント会場であるルーブル・カローセルで開かれる。約100のギャラリーや出版社(日本からは8社)が出展。

 

無料メルマガ【メール写真上達室】にご登録いただいた方全員に「カメラ操作の苦手を克服し、感動が伝わる写真上達レシピ」をプレゼント

あなたがすぐに写真を上達させることができるように、50記事・40を超える動画を作成しました。

→あなたは「何を、どう撮るのか?」わかって、考えて撮っていますか? 

→あなたに合った間違わないカメラ選びについて知っていますか?

→撮影するジャンルごとの撮り方のコツを知っていますか?

撮影ジャンルとしては、

  • 風景を撮る
  • Food/Drinkを撮る
  • 人物を撮る
  • ネコを撮る
  • 花や紅葉を撮る
  • スナップを撮る

をピックアップし、実際に私が撮った例を300枚以上使って、撮り方を解説しています。

 

無料メルマガに登録する

 

それでは、「写真上達レシピ」をちょっとだけ、ご紹介しましょう!

ここでご紹介したのはごく一部です。写真の例はこの20倍はありますので、

あなたが撮りたいシーンがきっと見つかるはずです。

  今回お渡しする講座やレシピは無料ではあるのですが、

あなたが現在お持ちのカメラがiPhoneであっても一眼レフであっても、

写真をより深く理解し、すぐに上手く撮る役に立ち、楽しめて、

【写真であなたの人生が豊かになる】ことを願って作りあげました。

  これほどたくさんの例をあげて様々なジャンルをカバーし、具体的に撮り方の解説をしている講座は 他にはありませんので、是非試してみてください。

無料メルマガに登録する

コメント

    • 小沢昭江
    • 2021年 3月 12日

    最近早咲きの桜を撮っていますが、アップした時の花の配置とか逆光の時の露出とか大変参考になりました。なかなか花の咲いた枝ぶりの良いさくらにまだ出会えません。来週にもまた行って流れるような枝ぶりの桜の写真を撮りたいと思います。

    • tobi911
    • 2021年 3月 13日

    小沢さん

    コメント、ありがとうございました。
    参考になって良かったです!

    桜、キレイですが、なかなか難しいですよね。
    是非撮り続けてお気に入りショットを仕留めてくださいね!

    僕は、3月22日〜鹿児島をスタートして桜前線を北上しながらの撮影旅行を予定しています。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール写真

写真展とネット掲載

■写真展(個展)を10回以上開催
■2005年よりFlickrをはじめ、現在5,000枚ほど掲載
■Gettyにて写真データーを販売【175点】
■fotofever paris 2014年より3年連続出展
*fotofever paris とは、 世界最大の写真の見本市、イベントであるパリフォトと同時期にルーブル美術館の地下イベント会場であるルーブル・カローセルで開かれる。約100のギャラリーや出版社(日本からは8社)が出展。

◆販売実績

■fotofever parisにて、リアルプリントを、2015年2016年連続350EUR(約4万円/枚)でSOLD OUT。
■個展にて、リアルプリントを1.5万円〜2万円/枚(四切サイズ)で販売実績あり。
■Getty にて、データーを最高3万円/枚で販売した実績あり。
PAGE TOP