アジサイの美しい撮り方、七変化

アジサイは、土によって色が変わったり、いろいろな品種があったり、好きな花という方も多いのではないでしょうか?

ここでは、シチュエーションや花ごとの綺麗な撮り方をお伝えします。

水滴と撮る

@静岡県浜松

@静岡県浜松

アジサイは、やはり晴れの日よりも曇りや雨の日の方がしっとりしてキレイに見えます。

1枚目の例は、ブルーのガクアジサイ。

アップにしながら背景はグリーンの葉として、絞りを開け気味(F2.8)にして、前のガクにピントを合わせて、後ろはぼかしています。

こうすることで、水滴が付いた、ブルーのガクの形と色の美しさが際立っています。

2枚目の例は、ピンクの西洋アジサイ。

撮り方は、画面全体をピンクで埋め尽くすようアップにして、ピンクと水滴の美しさを強調しています。

丸い形を撮る

@静岡県浜松

この例では、西洋アジサイの丸い形を捉えています。

縦でも横でも良いのですが、この場合は縦としてアジサイをほぼ幅いっぱいに入れながら、上下にグリーンの葉を配することでピンクのアジサイの丸い形を強調しています。

赤やピンクとグリーンは相性がいいので、そのバランスを考えて撮るといいです。

変わった品種を撮る、その1

@山梨県八ヶ岳

あじさいといえばブルーのイメージが強いと思います。

これは、八ヶ岳に旅行した際に初めて見た、紅(くれない)ヤマアジサイという品種らしいのですが、その紅色に魅了されました。

ということで、紅を強調するためにギリギリまで近寄って、手前の紅のガクにピントを合わせ、他はぼかしています。

グリーンの中に紅が浮かび上がった、ちょっと幻想的な写真になりました。

変わった品種を撮る、その2

@静岡県浜松

この例も、名前はわかりませんが、アジサイの1種のようです。

実際には、手前にも背景にも他の葉やものがあってゴチャゴチャしてる状況です。

なので、これも1番手前の花(ではなくガクかも?)にピントを合わせ、他はぼかすことでスッキリさせています。

ポイントは、【1番手前の花】と言っても真ん中と下の2カ所にピントが合ってることです。そのためには、カメラの角度を変えて2カ所にピントが合う(カメラからの距離が同じになる)アングルを探して撮ります。

こうすることで、十字のピンクが強調されます。

星のように撮る

@静岡県浜松

この例のように、ガクが白っぽいガクアジサイは撮り方によって星が散りばめられているように見せることが出来ます。

撮り方は、

暗くてシンプル(このようにグリーンがベスト)な背景を選び、
真上から同一面状の白いガクに全てピントを合わせ、
露出は、マイナスにして全体に暗めにすることです。

こうすることで、白いガクが一層浮き出て見えるようになります。

流れるように撮る

@静岡県浜松

これまでは、1輪のアジサイをピックアップして撮る方法でしたが、ここからはもっと広い範囲でアジサイを群で捉える方法です。

この例では、

手前に白いガクのガクアジサイ
奥にアイボリーとブルーの西洋アジサイが咲いています。

斜めから絞りを開けて(F値を小さく)撮ることで、手前も奥もぼかしてしまい、真ん中のガクアジサイだけにピントを合わせています。

こうすることで、画面に立体感や奥行き感が感じられるとともに、ピントが合っている花が右上から左下に並んでいるために流れを感じさせることもできています。

三種まとめて全体を撮る

@静岡県浜松

これは朝散歩の途中で見つけたのですが、

左にブルーの西洋アジサイ
中央にうすい黄色〜紫の西洋アジサイ
右に白いガクのガクアジサイ がキレイに並んでいます。

ここでは、正面から撮ることで全体を捉えています。

人の集合写真のようにも、花同士が楽しく話をしているようにも見えます。

気を付けたいのが、【シンプルで暗い背景を選ぶ】ことです。この例では日陰の林ですが、この絵柄で背景がゴチャゴチャしていると煩い印象になってしまいます。

このように、撮り方を変えることで、アジサイの美しさをより一層引き出すことができますので、いろいろ試してみてください。

※掲載している写真はすべてtabby撮影のものです。

----------------------------------------------------

【写真家tabbyの活動】

 

40年以上に渡り撮影を継続し、その撮影枚数は10万枚を超える。

 

◆「kindle写真集の出版」

■CRP第1弾

■CRP第2弾

■CRP第3弾

■CRP第4弾

■CRP第5弾

 

◆「写真展とネット掲載」

■写真展(個展)を10回以上開催

■2005年よりFlickrをはじめ、現在5,000枚ほど掲載

■Gettyにて写真データーを販売【175点】

■fotofever paris 2014年より3年連続出展 *fotofever paris とは、 世界最大の写真の見本市、イベントであるパリフォトと同時期にルーブル美術館の地下イベント会場であるルーブル・カローセルで開かれる。約100のギャラリーや出版社(日本からは8社)が出展。

 

無料メルマガ【メール写真上達室】にご登録いただいた方全員に「カメラ(機械)音痴を克服するSNS写真上達レシピ」をプレゼント

あなたがすぐに写真を上達させることができるように、50記事・40を超える動画を作成しました。

→あなたは「何を、どう撮るのか?」わかって、考えて撮っていますか? 

→あなたに合った間違わないカメラ選びについて知っていますか?

→撮影するジャンルごとの撮り方のコツを知っていますか?

撮影ジャンルとしては、

  • 風景を撮る
  • Food/Drinkを撮る
  • 人物を撮る
  • ネコを撮る
  • 花や紅葉を撮る
  • スナップを撮る

をピックアップし、実際に私が撮った例を300枚以上使って、撮り方を解説しています。

 

無料メルマガに登録する

 

それでは、「写真上達レシピ」をちょっとだけ、ご紹介しましょう!

ここでご紹介したのはごく一部です。写真の例はこの20倍はありますので、

あなたが撮りたいシーンがきっと見つかるはずです。

  今回お渡しする講座やレシピは無料ではあるのですが、

あなたが現在お持ちのカメラがiPhoneであっても一眼レフであっても、

写真をより深く理解し、すぐに上手く撮る役に立ち、楽しめて、

【写真であなたの人生が豊かになる】ことを願って作りあげました。

  これほどたくさんの例をあげて様々なジャンルをカバーし、具体的に撮り方の解説をしている講座は 他にはありませんので、是非試してみてください。

無料メルマガに登録する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール写真

写真展とネット掲載

■写真展(個展)を10回以上開催
■2005年よりFlickrをはじめ、現在5,000枚ほど掲載
■Gettyにて写真データーを販売【175点】
■fotofever paris 2014年より3年連続出展
*fotofever paris とは、 世界最大の写真の見本市、イベントであるパリフォトと同時期にルーブル美術館の地下イベント会場であるルーブル・カローセルで開かれる。約100のギャラリーや出版社(日本からは8社)が出展。

◆販売実績

■fotofever parisにて、リアルプリントを、2015年2016年連続350EUR(約4万円/枚)でSOLD OUT。
■個展にて、リアルプリントを1.5万円〜2万円/枚(四切サイズ)で販売実績あり。
■Getty にて、データーを最高3万円/枚で販売した実績あり。

最近のコメント

    PAGE TOP