【カメラの仕組み】露出はエッチと関係ないのに・・・白も黒もグレーになる!?そのたった1つの理由

オートで撮ると白も黒もグレーに撮れてしまうのは何故?

か知っていますか?

理由は、カメラに内蔵されている【反射式露出計】の原理で、
なんでもかんでもグレーに撮ろうとするから。

 

僕が写真を始めて間もない40年以上前の話をします。

その頃、【Photo Technic】という2,000円くらいする
玄光社の写真専門誌で学んでいたのですが、

札幌の紀伊國屋書店で【露出ハンドブック】
というタイトルの本を注文しました。

そしたらカウンターのお姉さんが”変な目”
(このガキ、いやらしい)で見るんですよ。

写真用語の[露出]は、”女の肌の露出”とは関係ないのに
・・・思春期(高校生)だった僕は激しく傷つきました。

今なら”バカなの?もっと勉強しろよ!”という目で
見返してやるのですが。

 

さて、ここで質問です。

Q:あなたは【オートで撮ると白も黒もグレーに撮れてしまう】
ことを知っていますか?

知っている場合、これ以上読み進めなくていいです。
時間の無駄なので。

理由は、カメラに内蔵されている
【反射式露出計】の原理にあります。

反射式露出計は、被写体に当たって反射した光を測り
それをすべて【18%のグレー】になるように露出を決めます。

つまり、カメラは被写体が白か黒かは判断できないので、
なんでもかんでもグレーに撮ろうとするんですね。

なので、
■黒い(暗い)ものは、⇒露出をー(マイナス)に補正
□白い(明るい)ものは、⇒露出を+(プラス)に補正
しないと、見たようには写りません!

露出は写真の基本ですが、
プロでも迷ったり段階露出(露出を変えて数枚撮る)したり
するほど、難しく奥の深いものです。

スライドフィルムでは、【0.3EV】変えるだけで、
印象がガラッと変わるので慎重に決めていました。

オンライン写真コミュニティのススメ

あなたが写真の腕を上げたいなら、

このような基本テクニックの数々を、
7分程度の短い動画で繰り返し学んで、

オンライン写真コミュニティに参加して、
【環境を変えて】
⇒自分を変える最短最速の近道は、”場=環境”を変えるしかありません!

写真好きのメンバーと楽しく切磋琢磨しながら、
”思うような写真、感動が伝わる写真”を
撮れるようになってみませんか?

興味がある方はコチラ
↓↓↓
http://photomeister.net/love-letter/

まとめ【露出のキモ】

■黒い(暗い)ものは、⇒露出をー(マイナス)に補正

□白い(明るい)ものは、⇒露出を+(プラス)に補正

する。でした。

※プロがスタジオなどで使っている【入射式露出計】があります。
これは被写体に反射した光ではなく、光源の光そのものを測るので、
正確に露出を決めたい場合は、こちらをお買い求めくださいね。

 

この記事を読んでいかがでしたか?
「役に立った」「面白かった」など一言でもいいです。
このページの一番下のコメント欄に書いてもらえると嬉しいです。

tabby

 

■ tabbyやこのブログに興味を持たれた方は、
■ LINE@をフォローしてください

 

----------------------------------------------------

【写真家tabbyの活動】

 

40年以上に渡り撮影を継続し、その撮影枚数は10万枚を超える。

 

◆「kindle写真集の出版」

■CRP第1弾

■CRP第2弾

■CRP第3弾

■CRP第4弾

■CRP第5弾

 

◆「写真展とネット掲載」

■写真展(個展)を10回以上開催

■2005年よりFlickrをはじめ、現在5,000枚ほど掲載

■Gettyにて写真データーを販売【175点】

■fotofever paris 2014年より3年連続出展 *fotofever paris とは、 世界最大の写真の見本市、イベントであるパリフォトと同時期にルーブル美術館の地下イベント会場であるルーブル・カローセルで開かれる。約100のギャラリーや出版社(日本からは8社)が出展。

 

無料メルマガ【メール写真上達室】にご登録いただいた方全員に「カメラ操作の苦手を克服し、感動が伝わる写真上達レシピ」をプレゼント

あなたがすぐに写真を上達させることができるように、50記事・40を超える動画を作成しました。

→あなたは「何を、どう撮るのか?」わかって、考えて撮っていますか? 

→あなたに合った間違わないカメラ選びについて知っていますか?

→撮影するジャンルごとの撮り方のコツを知っていますか?

撮影ジャンルとしては、

  • 風景を撮る
  • Food/Drinkを撮る
  • 人物を撮る
  • ネコを撮る
  • 花や紅葉を撮る
  • スナップを撮る

をピックアップし、実際に私が撮った例を300枚以上使って、撮り方を解説しています。

 

無料メルマガに登録する

 

それでは、「写真上達レシピ」をちょっとだけ、ご紹介しましょう!

ここでご紹介したのはごく一部です。写真の例はこの20倍はありますので、

あなたが撮りたいシーンがきっと見つかるはずです。

  今回お渡しする講座やレシピは無料ではあるのですが、

あなたが現在お持ちのカメラがiPhoneであっても一眼レフであっても、

写真をより深く理解し、すぐに上手く撮る役に立ち、楽しめて、

【写真であなたの人生が豊かになる】ことを願って作りあげました。

  これほどたくさんの例をあげて様々なジャンルをカバーし、具体的に撮り方の解説をしている講座は 他にはありませんので、是非試してみてください。

無料メルマガに登録する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール写真

写真展とネット掲載

■写真展(個展)を10回以上開催
■2005年よりFlickrをはじめ、現在5,000枚ほど掲載
■Gettyにて写真データーを販売【175点】
■fotofever paris 2014年より3年連続出展
*fotofever paris とは、 世界最大の写真の見本市、イベントであるパリフォトと同時期にルーブル美術館の地下イベント会場であるルーブル・カローセルで開かれる。約100のギャラリーや出版社(日本からは8社)が出展。

◆販売実績

■fotofever parisにて、リアルプリントを、2015年2016年連続350EUR(約4万円/枚)でSOLD OUT。
■個展にて、リアルプリントを1.5万円〜2万円/枚(四切サイズ)で販売実績あり。
■Getty にて、データーを最高3万円/枚で販売した実績あり。
PAGE TOP