一眼レフで【オシャレなカフェフォト】コーヒーやケーキを美味しそうに撮る3つのコツ

カフェフォトは撮りますか?

僕tabbyは雰囲気の良い/器にこだわったカフェに行くと
必ず撮ります!

静岡県沼津市の住宅街に
オシャレなカフェがあります。

朝コーヒーが飲みたくてネットで探していたら、
コーヒーが美味しそうで、雰囲気も良さそうなカフェを発見しました!

シフォンケーキも柔らかく美味しかったので、今回は
【コーヒーやケーキを美味しそうに撮るコツ】をお伝えします。

それでは、早速ご覧ください。
↓↓↓

■外観

サインや外観から良さそうな雰囲気が漂っています
by  iPhone

by  iPhone

 

■水

窓際の光が映り込むように・・・

 

■コーヒー

湯気も写して”美味しそう”に

 

■シフォンケーキ

シフォンケーキ・エンジェル(白いからだそう)

シフォンケーキ・黒豆

 

■その他

ミルクピッチャーも可愛かったので撮ってみました

 

チョコレートはもちろん
ピスタチオの塩味もコーヒーに良く合う

 

テーブルの下はこんな感じで外が見える
(店全体はほの暗いけど、この部分は外光で明るい)
by iPhone

 

◎美味しそうに撮るコツは、

1.窓際の席を選ぶ
2.逆光〜半逆光〜側光で撮る
3.絞りは開け気味[100mmのレンズでF2.8くらい]でフワッとぼかす

 

いかがでしたか?

感想はこのページ一番下のコメント欄にお願いします。

 

※掲載している写真はすべてtabby撮影のものです。

あわせて読みたい記事

【海の見えるカフェで】ブルーバックでコーヒーやグリーンのグラス写真。Drinkを美味しそうに撮るたった1つのコツ

↓↓↓

【海の見えるカフェで】ブルーバックでコーヒーやグリーンのグラス写真。Drinkを美味しそうに撮るたった1つのコツ

 

tabby

 

■ tabbyやこのブログに興味を持たれた方は、
■ LINE@をフォローしてください

↓↓↓コチラからお願いします

----------------------------------------------------

【写真家tabbyの活動】

 

40年以上に渡り撮影を継続し、その撮影枚数は10万枚を超える。

 

◆「kindle写真集の出版」

■CRP第1弾

■CRP第2弾

■CRP第3弾

■CRP第4弾

■CRP第5弾

■写真集第6弾(独自出版)

 

◆「写真展とネット掲載」

■写真展(個展)を10回以上開催

■2005年よりFlickrをはじめ、現在5,000枚ほど掲載

■Gettyにて写真データーを販売【175点】

■fotofever paris 2014年より3年連続出展 *fotofever paris とは、 世界最大の写真の見本市、イベントであるパリフォトと同時期にルーブル美術館の地下イベント会場であるルーブル・カローセルで開かれる。約100のギャラリーや出版社(日本からは8社)が出展。

 

無料メルマガ【メール写真上達室】にご登録いただいた方全員に「カメラ操作の苦手を克服し、感動が伝わる写真上達レシピ」をプレゼント

あなたがすぐに写真を上達させることができるように、50記事・40を超える動画を作成しました。

→あなたは「何を、どう撮るのか?」わかって、考えて撮っていますか? 

→あなたに合った間違わないカメラ選びについて知っていますか?

→撮影するジャンルごとの撮り方のコツを知っていますか?

撮影ジャンルとしては、

  • 風景を撮る
  • Food/Drinkを撮る
  • 人物を撮る
  • ネコを撮る
  • 花や紅葉を撮る
  • スナップを撮る

をピックアップし、実際に私が撮った例を300枚以上使って、撮り方を解説しています。

 

無料メルマガに登録する

 

それでは、「写真上達レシピ」をちょっとだけ、ご紹介しましょう!

ここでご紹介したのはごく一部です。写真の例はこの20倍はありますので、

あなたが撮りたいシーンがきっと見つかるはずです。

  今回お渡しする講座やレシピは無料ではあるのですが、

あなたが現在お持ちのカメラがiPhoneであっても一眼レフであっても、

写真をより深く理解し、すぐに上手く撮る役に立ち、楽しめて、

【写真であなたの人生が豊かになる】ことを願って作りあげました。

  これほどたくさんの例をあげて様々なジャンルをカバーし、具体的に撮り方の解説をしている講座は 他にはありませんので、是非試してみてください。

無料メルマガに登録する

コメント

    • 佐々木功
    • 2021年 1月 20日

    写真拝見しました。シフォンケーキのふわふわ感がよく出ていて美味しそうに撮れたいます。
    私は料理人ですので、よく料理、ケーキなど行った先々の店で撮らさせていただきますが、どうしても美味しそうに撮れずに
    レシピに載せるような写真になってしまいます。
    どう言うところを気をつけて撮れば良いでしょうか?

      • tobi911
      • 2021年 1月 20日

      コメント、ありがとうございます。

      >レシピに載せるような写真になってしまいます。
      >どう言うところを気をつけて撮れば良いでしょうか?

      ふわふわ感を出すには、”立体感と柔らかさ”を出さないと伝わりません。

      立体感 ⇒”光”です。順光ではなく、逆光〜半逆光〜側光で撮りましょう。
      柔らかさ ⇒”ボケ”です。一眼の単焦点レンズ:90mm〜100mmで絞りをF2.8くらいにして、最も美味しそうな部分にピントを合わせます。

      例えばシフォンケーキでも2種類でピントの位置が違います。
      ・エンジェル ⇒生クリームのトップ&シフォンケーキの左下。
      ・黒豆 ⇒生クリームの上の黒豆。

      料理人なら、盛り付けの際に、お客さんに見て欲しいところや1番美味しいところがわかるはずですので、
      そこにピントを合わせましょう!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール写真

写真展とネット掲載

■写真展(個展)を10回以上開催
■2005年よりFlickrをはじめ、現在5,000枚ほど掲載
■Gettyにて写真データーを販売【175点】
■fotofever paris 2014年より3年連続出展
*fotofever paris とは、 世界最大の写真の見本市、イベントであるパリフォトと同時期にルーブル美術館の地下イベント会場であるルーブル・カローセルで開かれる。約100のギャラリーや出版社(日本からは8社)が出展。

◆販売実績

■fotofever parisにて、リアルプリントを、2015年2016年連続350EUR(約4万円/枚)でSOLD OUT。
■個展にて、リアルプリントを1.5万円〜2万円/枚(四切サイズ)で販売実績あり。
■Getty にて、データーを最高3万円/枚で販売した実績あり。
PAGE TOP