Backshotの撮り方、5つのシーン

人物のスナップを撮りたいと思っても、肖像権の関係で撮るのも発表するのも難しいですね。そういうときの解決策として顔を写さず後ろ姿を撮ろうという提案です。僕は子どもの後ろ姿が好きで昔から撮っています。

朝の光で撮ろう

@London

@London

1枚目の例では、日の出直後まだ太陽の位置が低い時間にジョギングする女性を撮っていますが、逆光なので長い影ができて移動している感じや奥行き感がうまく写っています。2枚目は、朝散歩の後、カフェで一休みしていた時、ギュッと繋いだ子どもの手がかわいくてスナップしたものです。

撮るときのコツは、

1枚目のような場合はタイミングを逃さず撮ることと、最も明るい所が真っ白にならない露出です。

2枚目のような場合も“ドアを開け、ちょうど店を出るところ”というタイミングが大切ですが、子どもと大人の位置関係や脚の形(踏み出し方)にも気をつけてみてください。

公園で子どもを撮ろう

@London

@札幌

1枚目は曇り、2枚目は晴れですが、両方とも女の子2人が並んで歩いているところです。

1枚目は、結構早いペースで歩いているので素早く撮る必要があります。

また、構図としては右側に写っている犬とS字の道により、近景の人⇒中景の犬⇒遠景(道の先)と導線ができ、S字により遠近感や、奥行き、柔らかい印象などを与えることができます。

2枚目は姉妹が、ゆっくり仲良く話ししながら歩いています。妹の顔が姉の方に向いていて「ねぇ、お姉ちゃん...」と話しかけている声が聞こえてくるようです。ちょっとしたことですが、もし2人とも真っ直ぐ前を向いていたら全く違う印象の写真になっていたはずです。

このように、人を撮るときは被写体の気持ちや思いを想像して撮るとリアリティのある写真が撮れますよ。

美術館で撮ろう

@東京

気をつけて欲しいのは、美術館は撮影が禁止されている場所が多いので、そういうところでは撮らないようにしてください。

上の例は、作品を眺める和服姿の女性ですが、この人の佇まいが素敵だったのと、作品と帯と足袋の色がシンクロして面白かったので、思わずシャッターを切りました。表情は見えませんが、作品に見入っている感じがしませんか?

美術館って、楽しい反面結構疲れますよね。それは、周りに人が多いからなのか、作品のエネルギーに気圧されるのかわかりませんが。

下の例は、中庭を見渡せるベンチに並んだ女の子たちですが、なんか微笑ましいというか、ホッとした感じがして撮った1枚です。

気付かれないように気配を消して撮りましょう!

@東京

美しい景色を背景に撮ろう

@Praha

美しい人の後ろ姿、さらに背景が美しい景色だったら、もうなにも言うことはありません。ただ、無心に撮るだけです。

この例は、プラハ城からプラハの街並みを見下ろすシチュエーションに女性の後ろ姿という、これ以上はないという状況です。

この頃は、まだフィルムメインで撮っていたのですが、旅の最後で手持ちのフィルムがなくなってしまい、どうしてもこのシーンをおさめたくて友人(日本に留学していたとき銀座で撮らせてもらったプラハの女性)の友人のカメラを借りて撮った写真です。

撮っただけでどうなるか?わからないまま、1年以上が過ぎたと記憶していますが、CDに焼かれた写真がエアメールで届いたときは嬉しかった!写真をやっていると。こういった人の繋がりが出来ることもありがたいことの1つですね。

Showで美脚を撮ろう

@Denver USA

@Denver USA

僕は仕事柄国内外のショーに行くことが多かったのですが、ショーのコンパニオンはスタイルが良いので撮りたくなってしまいますね。

(仕事はしっかりやっていました。こういう写真を撮るのは“仕事の合間や移動中”です。)

前から撮らせてもらう場合は、マナーとして一声かけるか、アイコンタクトして軽く会釈をしてから撮りますが、後ろ姿であれば好きなタイミングで撮れますよね。

言うまでもないことですが、エスカレーターでは下から上を狙ってはダメですよ。

2枚目の例は、ショーの会期中ではなく開催前のセッティングの日に撮っているので、女性もちょっと気を抜いたリラックスした姿勢になっています。これはちょっと難易度が高いかもしれません。

 

※掲載している写真はすべてtabby撮影のものです。

----------------------------------------------------

【写真家tabbyの活動】

 

40年以上に渡り撮影を継続し、その撮影枚数は10万枚を超える。

 

◆「kindle写真集の出版」

■CRP第1弾

■CRP第2弾

■CRP第3弾

■CRP第4弾

■CRP第5弾

 

◆「写真展とネット掲載」

■写真展(個展)を10回以上開催

■2005年よりFlickrをはじめ、現在5,000枚ほど掲載

■Gettyにて写真データーを販売【175点】

■fotofever paris 2014年より3年連続出展 *fotofever paris とは、 世界最大の写真の見本市、イベントであるパリフォトと同時期にルーブル美術館の地下イベント会場であるルーブル・カローセルで開かれる。約100のギャラリーや出版社(日本からは8社)が出展。

 

無料メルマガ【メール写真上達室】にご登録いただいた方全員に「カメラ(機械)音痴を克服するSNS写真上達レシピ」をプレゼント

あなたがすぐに写真を上達させることができるように、50記事・40を超える動画を作成しました。

→あなたは「何を、どう撮るのか?」わかって、考えて撮っていますか? 

→あなたに合った間違わないカメラ選びについて知っていますか?

→撮影するジャンルごとの撮り方のコツを知っていますか?

撮影ジャンルとしては、

  • 風景を撮る
  • Food/Drinkを撮る
  • 人物を撮る
  • ネコを撮る
  • 花や紅葉を撮る
  • スナップを撮る

をピックアップし、実際に私が撮った例を300枚以上使って、撮り方を解説しています。

 

無料メルマガに登録する

 

それでは、「写真上達レシピ」をちょっとだけ、ご紹介しましょう!

ここでご紹介したのはごく一部です。写真の例はこの20倍はありますので、

あなたが撮りたいシーンがきっと見つかるはずです。

  今回お渡しする講座やレシピは無料ではあるのですが、

あなたが現在お持ちのカメラがiPhoneであっても一眼レフであっても、

写真をより深く理解し、すぐに上手く撮る役に立ち、楽しめて、

【写真であなたの人生が豊かになる】ことを願って作りあげました。

  これほどたくさんの例をあげて様々なジャンルをカバーし、具体的に撮り方の解説をしている講座は 他にはありませんので、是非試してみてください。

無料メルマガに登録する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール写真

写真展とネット掲載

■写真展(個展)を10回以上開催
■2005年よりFlickrをはじめ、現在5,000枚ほど掲載
■Gettyにて写真データーを販売【175点】
■fotofever paris 2014年より3年連続出展
*fotofever paris とは、 世界最大の写真の見本市、イベントであるパリフォトと同時期にルーブル美術館の地下イベント会場であるルーブル・カローセルで開かれる。約100のギャラリーや出版社(日本からは8社)が出展。

◆販売実績

■fotofever parisにて、リアルプリントを、2015年2016年連続350EUR(約4万円/枚)でSOLD OUT。
■個展にて、リアルプリントを1.5万円〜2万円/枚(四切サイズ)で販売実績あり。
■Getty にて、データーを最高3万円/枚で販売した実績あり。

最近のコメント

    PAGE TOP