【曇りの日、紅葉の撮り方は?】ヒント3つ。写真@札幌・中島公園6ショット

曇りの日、紅葉を撮りますか?

僕は基本的に撮りません。
このブログでもメルマガ読者さんにも、
【晴れか、雨上がりに撮りましょう!(曇りの日はあきらめる)】のをオススメしていますし。

それでも、どうしても撮りたい時ってありませんか?
・初めて訪れた場所だったり、
・紅葉が最盛期でとても美しかったりして。

今回、ご紹介するのは実家のある札幌・中島公園の紅葉です。

札幌の紅葉がキレイなのは、
10月中旬〜11月上旬なのですが、
その時期に帰省することはこの36年間ほとんどなく
撮るチャンスがありませんでした。

ところが昨年11月11日、中島公園のホテルに泊まったら、
ギリギリ間に合いました。

ところがずっと天気は良くない(くもり)

さて、どう撮ったか?
作例をご覧ください。
↓↓↓

・イチョウ並木を撮る

シンメトリー(左右対称)構図にして奥行き感を出す

 

アシンメトリー(左右非対称)にしつつ、消失点を左下にして遠近感を出す

 

・落葉を狙う

一面のイチョウ+木をアクセント&石の動線で奥行きを

 

芝生に散った紅葉いろいろ

 

・カエデを撮る

背景を空にして【赤と白のコントラスト】で見せる(+グリーンの屋根をアクセントに)

 

とは言ってもやはり”晴れの日”のショットにはかないません。

そこで最後に、次の日ニッカ余市で撮ったモミジをどうぞ! 

いかがでしたか?
撮り方のヒントになったでしょうか?

感想やコメントはこのページ一番下のコメント欄にお願いします。

 

※掲載している写真はすべてtabby撮影のものです。

 

あわせて読みたい記事

紅葉をキレイに撮るための6つのテクニック

↓↓↓

紅葉をキレイに撮るための6つのテクニック

tabby

 

■ tabbyやこのブログに興味を持たれた方は、
■ LINE@をフォローしてください

↓↓↓コチラからお願いします

----------------------------------------------------

【写真家tabbyの活動】

 

40年以上に渡り撮影を継続し、その撮影枚数は10万枚を超える。

 

◆「kindle写真集の出版」

■CRP第1弾

■CRP第2弾

■CRP第3弾

■CRP第4弾

■CRP第5弾

■写真集第6弾(独自出版)

 

◆「写真展とネット掲載」

■写真展(個展)を10回以上開催

■2005年よりFlickrをはじめ、現在5,000枚ほど掲載

■Gettyにて写真データーを販売【175点】

■fotofever paris 2014年より3年連続出展 *fotofever paris とは、 世界最大の写真の見本市、イベントであるパリフォトと同時期にルーブル美術館の地下イベント会場であるルーブル・カローセルで開かれる。約100のギャラリーや出版社(日本からは8社)が出展。

 

無料メルマガ【メール写真上達室】にご登録いただいた方全員に「カメラ操作の苦手を克服し、感動が伝わる写真上達レシピ」をプレゼント

あなたがすぐに写真を上達させることができるように、50記事・40を超える動画を作成しました。

→あなたは「何を、どう撮るのか?」わかって、考えて撮っていますか? 

→あなたに合った間違わないカメラ選びについて知っていますか?

→撮影するジャンルごとの撮り方のコツを知っていますか?

撮影ジャンルとしては、

  • 風景を撮る
  • Food/Drinkを撮る
  • 人物を撮る
  • ネコを撮る
  • 花や紅葉を撮る
  • スナップを撮る

をピックアップし、実際に私が撮った例を300枚以上使って、撮り方を解説しています。

 

無料メルマガに登録する

 

それでは、「写真上達レシピ」をちょっとだけ、ご紹介しましょう!

ここでご紹介したのはごく一部です。写真の例はこの20倍はありますので、

あなたが撮りたいシーンがきっと見つかるはずです。

  今回お渡しする講座やレシピは無料ではあるのですが、

あなたが現在お持ちのカメラがiPhoneであっても一眼レフであっても、

写真をより深く理解し、すぐに上手く撮る役に立ち、楽しめて、

【写真であなたの人生が豊かになる】ことを願って作りあげました。

  これほどたくさんの例をあげて様々なジャンルをカバーし、具体的に撮り方の解説をしている講座は 他にはありませんので、是非試してみてください。

無料メルマガに登録する

コメント

    • 浜 洋子
    • 2019年 12月 18日

    撮りたいものと出来た写真のギャップが余りにもありすぎて どう撮っていいのか何時も何時も悩みます 
    当然 初めてまだ浅いのですが 暇を見つけてはひたすら撮っております

    • tobi911
    • 2019年 12月 18日

    浜さん、コメントありがとうございます。

    ギャップは撮っているうちに徐々に埋まっていきますが、
    その原因は、人間の生理(視覚)と4次元を2次元で表現する写真の特性にあります。

    その辺の話もメルマガでお伝えしていますので、
    興味があれば下記からメルマガ登録をお願いいたします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール写真

写真展とネット掲載

■写真展(個展)を10回以上開催
■2005年よりFlickrをはじめ、現在5,000枚ほど掲載
■Gettyにて写真データーを販売【175点】
■fotofever paris 2014年より3年連続出展
*fotofever paris とは、 世界最大の写真の見本市、イベントであるパリフォトと同時期にルーブル美術館の地下イベント会場であるルーブル・カローセルで開かれる。約100のギャラリーや出版社(日本からは8社)が出展。

◆販売実績

■fotofever parisにて、リアルプリントを、2015年2016年連続350EUR(約4万円/枚)でSOLD OUT。
■個展にて、リアルプリントを1.5万円〜2万円/枚(四切サイズ)で販売実績あり。
■Getty にて、データーを最高3万円/枚で販売した実績あり。
PAGE TOP