クルマのカッコいい撮り方、5つのコツ

カメラが好きな人は、メカが好きなので、クルマも好きという人も多いのではないでしょうか?
そこで、ここでは、カッコいいクルマの撮り方をお伝えします。

朝靄や朝焼けと撮る

@長野県・しらびそ高原

@静岡県・御前崎

最初の例は、山で日の出前に朝靄とともに撮っています。

ブルーのクルマに、日の出前のブルーの空色が映り、クルマのシルエットを際立たせています。

2枚目の例は、海で海と波を背景にしながらも、最もセクシーなリアフェンダーの部分に朝焼けを反射させて撮っています。

このようにクルマをカッコ良く撮るには【映り込みを意識すること】が重要です。

そのためには、撮影前にしっかりクルマを磨いてキレイにしておきましょう!

アングルについて

@静岡県浜松

@Paris

クルマと擦れ違うときを想像するとわかりますが、斜め前→横→斜め後ろの順番で見えています。

ですから、いいクルマのデザインってそれらの角度で見たときに美しく見えるようにデザインされています。

真正面とか真後ろからって停まっている状態でしか見ませんよね。

なので、写真を撮るときも、斜め前か斜め後ろから撮るのがおすすめです。

1枚目の例は、斜め後ろからフレーム一杯に入れて撮っています。小さいクルマなのに迫力がありますね。

(このクルマは知人のクルマなので、許可を得てナンバー入りで公開していますが、無許可でネット上に公開するのは一般的にNGですので覚えておいてください)

2枚目の例は、真横ですが背景にパリの古い町並みを入れて、ドアのサインと背景の色をシンクロさせ、4輪をギリギリ端に配置した車長の短い独特なデザインを強調しています。

@ドイツ・ハンブルグ

3枚目の例は、特殊ですが縦列駐車の隙間にバックで突っ込んで、真横のクルマの間に真後ろが見えているという図柄です。

車長が短いからこそ可能な技ですね。

雨の日にminiを撮る

@静岡県浜松

@静岡県浜松

これは個人的な思いなのですが、【miniには雨が似合う】と思っています。

伊丹十三の映画でも、miniが登場するシーンは土砂降りでしたし。

ですから、雨の日によく手入れされたminiを見かけると撮らずにはいられません。

撮り方ですが、

1枚目の例は、今やほとんど見かけることがなくなったフェンダーミラーとフロントフェンダーをアップで撮っています。

2枚目の例は、真横からガラスの水滴にピントを合わせ、室内のウッドステアリングもぼかしながらもわかるように撮っています。

これも今のクルマにはないクロームメッキのモールがアクセントになっています。

このように、全体を撮っても可愛いクルマですが、好きな部分をアップで切り取ることで、雨に濡れた感じと独特のデザインが引き立つ写真になります。

Ferrariを撮る

ミケランジェロ広場 @イタリア・フィレンツェ

スポーツカーの王者と言えばフェラーリですね!

どこかの評論家が【フェラーリはそこにある(見ている)だけで美しいし嬉しい。まして動いたら天にも昇る気持ち。芸術品が走るんだから。】と言っていましたが、まさにそういう特別な存在感があります。

1枚目の例は、イタリアに旅行したときに、観光地の広場で新車の展示をしていたので、思わず撮りました。これも斜め前から撮っています。日本のように高級ディーラーのガラス張りの中ではなく、深紅のボディが陽光に曝されているのが【さすが本場だ】と感じました。

2枚目は、Baliの「天国」を意味するパラディソという名のホテルのエントランスに置いてあったフェラーリ。

こちらは、横から撮っていますが、ネオンや赤いライトと渾然一体となりクルマの妖しさが倍増しています。

Hotel Paradiso @Bali

夕焼けと撮る

@静岡県浜松

夕焼けとクルマ、それぞれを撮ることはあっても、1枚の写真に収めることはあまりないのでは?

この例では、夕焼けのオレンジがとてもキレイだったので、道端にクルマを駐め、iPhoneでクルマのテールライトの赤とウィンカーのオレンジを夕焼けにシンクロさせ、クルマはエッジにわずかに夕焼けが映り込むシルエットとして撮った写真です。一風変わったインパクトの強い写真になったと思います。

このようにちょっとしたコツで、カッコいい、そのクルマの特徴を活かした写真が撮れるので、いろいろ試してみてください。

※掲載している写真はすべてtabby撮影のものです。

----------------------------------------------------

【写真家tabbyの活動】

 

40年以上に渡り撮影を継続し、その撮影枚数は10万枚を超える。

 

◆「kindle写真集の出版」

■CRP第1弾

■CRP第2弾

■CRP第3弾

■CRP第4弾

■CRP第5弾

 

◆「写真展とネット掲載」

■写真展(個展)を10回以上開催

■2005年よりFlickrをはじめ、現在5,000枚ほど掲載

■Gettyにて写真データーを販売【175点】

■fotofever paris 2014年より3年連続出展 *fotofever paris とは、 世界最大の写真の見本市、イベントであるパリフォトと同時期にルーブル美術館の地下イベント会場であるルーブル・カローセルで開かれる。約100のギャラリーや出版社(日本からは8社)が出展。

 

無料メルマガ【メール写真上達室】にご登録いただいた方全員に「カメラ(機械)音痴を克服するSNS写真上達レシピ」をプレゼント

あなたがすぐに写真を上達させることができるように、50記事・40を超える動画を作成しました。

→あなたは「何を、どう撮るのか?」わかって、考えて撮っていますか? 

→あなたに合った間違わないカメラ選びについて知っていますか?

→撮影するジャンルごとの撮り方のコツを知っていますか?

撮影ジャンルとしては、

  • 風景を撮る
  • Food/Drinkを撮る
  • 人物を撮る
  • ネコを撮る
  • 花や紅葉を撮る
  • スナップを撮る

をピックアップし、実際に私が撮った例を300枚以上使って、撮り方を解説しています。

 

無料メルマガに登録する

 

それでは、「写真上達レシピ」をちょっとだけ、ご紹介しましょう!

ここでご紹介したのはごく一部です。写真の例はこの20倍はありますので、

あなたが撮りたいシーンがきっと見つかるはずです。

  今回お渡しする講座やレシピは無料ではあるのですが、

あなたが現在お持ちのカメラがiPhoneであっても一眼レフであっても、

写真をより深く理解し、すぐに上手く撮る役に立ち、楽しめて、

【写真であなたの人生が豊かになる】ことを願って作りあげました。

  これほどたくさんの例をあげて様々なジャンルをカバーし、具体的に撮り方の解説をしている講座は 他にはありませんので、是非試してみてください。

無料メルマガに登録する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール写真

写真展とネット掲載

■写真展(個展)を10回以上開催
■2005年よりFlickrをはじめ、現在5,000枚ほど掲載
■Gettyにて写真データーを販売【175点】
■fotofever paris 2014年より3年連続出展
*fotofever paris とは、 世界最大の写真の見本市、イベントであるパリフォトと同時期にルーブル美術館の地下イベント会場であるルーブル・カローセルで開かれる。約100のギャラリーや出版社(日本からは8社)が出展。

◆販売実績

■fotofever parisにて、リアルプリントを、2015年2016年連続350EUR(約4万円/枚)でSOLD OUT。
■個展にて、リアルプリントを1.5万円〜2万円/枚(四切サイズ)で販売実績あり。
■Getty にて、データーを最高3万円/枚で販売した実績あり。

最近のコメント

    PAGE TOP