撮影後、インターネットに公開する場合の3ステップ

撮った写真を最終的にどういう形で発表するか?によってプロセスやおさえるべきポイントは異なります。

大きく分けると、

  • インターネット上に公開する
  • プリントして自宅に飾ったり、プレゼントしたり、写真展を開催したりする

この2つは、

インターネットは、ディスプレーつまり透過光で見せる(加色法:三原色、R赤+G緑+B青を足すと白になる)

プリントは、反射光で見せる(減色法:加色法の三原色の補色、Cシアン+Mマゼンタ+Yイエローを重ねると黒になる)

となり全く違うものですから、レタッチする際にもその違いに気を付けないといけません。

ここでは、インターネット上に公開する場合の作業フローとプロセス毎のテクニックについてお伝えします。

作業フロー

フローは以下のようになります。

STEP1. セレクトする

STEP2. 現像/レタッチする

STEP3. 公開する

ここからは、それぞれのプロセス毎のテクニックやコツを説明します。

STEP1. セレクトする

*STEP1.セレクトするに関しては別記事【撮影後のセレクト方法】に詳しく書いていますのでそちらをご覧ください。

STEP2. 現像/レタッチする

iPhoneの場合

iPhoneで撮ってInstagramにアップする場合は、いろいろなiPhone用アプリがありますので、ストレートでアップしても好きなフィルターをかけて加工したりしてもいいと思います。

僕の場合、iPhoneで撮っても一眼レフで撮っても、Instagramに限らず、ストレート【=jpg撮って出し】ということはほとんどありません。だからといって、大幅に色を変えたりということもありません。

何故かというと、

ネットに公開し、見てもらう以上、できるだけ自分の撮影意図やイメージに忠実にしてから公開したい。

オートで撮ると僕にとっては明るすぎる軽すぎる画になる場合がほとんどなので、露出アンダー(マイナス)で撮る。そうすると、レタッチなしでは見にくいオリジナルデーターとなるため。

なるべく自然な色で見飽きない写真にしたい。作り物のような写真にはしたくない。

などの理由からです。

一眼レフの場合

現像/レタッチに使用している、おすすめのアプリは、【Adobe Lightroom】と【Adobe Photoshop】です。この2つを写真によって使い分けています。

現像/レタッチのおすすめアプリ1 【Adobe Lightroom】

このアプリの特徴は、【非破壊型】であるということ。つまり元のデーターには手を加えないので、間違って元のデーターを変更して上書きしたり削除したりする心配がなく、安心して現像やレタッチが可能です。カタログ機能も充実してるので画像のファイル管理にも便利です。

現像/レタッチのおすすめアプリ2【Adobe Photoshop】

フォトグラファーには説明不要なレタッチアプリです。僕は、1992年〜使っていますが、当時はとても高価でインストールはフロッピーディスク10枚以上でした。今では気軽に使えますが、機能は【なんでも出来る】といっても過言でないほど充実しています。

STEP3. 公開する

ネット上に公開する方法はいろいろありますが、例をあげると、

  • Instagramで公開する
  • Facebookで公開する
  • Flickrで公開する
  • amazonからKindle(電子書籍版写真集)として出版する

Instagramで公開する

Instagramは説明するまでもありませんね。写真を楽しむ人が訪れるサイトでは、世界中で最もポピュラーです。

Facebookで公開する

Facebookは、基本的に本名を曝すことになるので、人により好き嫌いがあるでしょうし、若者のFacebook離れも言われていますが実名でのやりとりであるだけに、情報発信やコミュニケーションのツールとしては依然として力があると思います。

Flickrで公開する

Flickrは、写真に特化したサイトです。僕は、2005年から参加していて5,000枚ほどアップしています。このサイトの良いところは、自分の好きなタイプの写真が必ずといっていいほど見つけられるということ。世界中から(僕の場合は、東欧とか中東とか南米からも)自分の写真にコメントがもらえることです。プロアカウントで有料会員になれば容量無制限なのでストレージ代わりに使えます。アップする際にタグ付けしておくと後で便利です。ただし、登録は英語を含む8言語で日本語では出来ないため、ちょっとハードルが高いかもしれません。

amazonからKindle(電子書籍版写真集)として出版する

Kindle(電子書籍版写真集)出版は、自分1人で出版まで漕ぎ着けるのはかなり難易度が高いため、ここでは紹介するだけに留めますが、僕は2016年に2冊出版しました。興味がある方は直接ご連絡をお願いします。

なか見!検索はコチラ

なか見!検索はコチラ

----------------------------------------------------

【写真家tabbyの活動】

 

40年以上に渡り撮影を継続し、その撮影枚数は10万枚を超える。

 

◆「kindle写真集の出版」

■CRP第1弾

■CRP第2弾

■CRP第3弾

■CRP第4弾

■CRP第5弾

 

◆「写真展とネット掲載」

■写真展(個展)を10回以上開催

■2005年よりFlickrをはじめ、現在5,000枚ほど掲載

■Gettyにて写真データーを販売【175点】

■fotofever paris 2014年より3年連続出展 *fotofever paris とは、 世界最大の写真の見本市、イベントであるパリフォトと同時期にルーブル美術館の地下イベント会場であるルーブル・カローセルで開かれる。約100のギャラリーや出版社(日本からは8社)が出展。

 

無料メルマガ【メール写真上達室】にご登録いただいた方全員に「カメラ(機械)音痴を克服するSNS写真上達レシピ」をプレゼント

あなたがすぐに写真を上達させることができるように、50記事・40を超える動画を作成しました。

→あなたは「何を、どう撮るのか?」わかって、考えて撮っていますか? 

→あなたに合った間違わないカメラ選びについて知っていますか?

→撮影するジャンルごとの撮り方のコツを知っていますか?

撮影ジャンルとしては、

  • 風景を撮る
  • Food/Drinkを撮る
  • 人物を撮る
  • ネコを撮る
  • 花や紅葉を撮る
  • スナップを撮る

をピックアップし、実際に私が撮った例を300枚以上使って、撮り方を解説しています。

 

無料メルマガに登録する

 

それでは、「写真上達レシピ」をちょっとだけ、ご紹介しましょう!

ここでご紹介したのはごく一部です。写真の例はこの20倍はありますので、

あなたが撮りたいシーンがきっと見つかるはずです。

  今回お渡しする講座やレシピは無料ではあるのですが、

あなたが現在お持ちのカメラがiPhoneであっても一眼レフであっても、

写真をより深く理解し、すぐに上手く撮る役に立ち、楽しめて、

【写真であなたの人生が豊かになる】ことを願って作りあげました。

  これほどたくさんの例をあげて様々なジャンルをカバーし、具体的に撮り方の解説をしている講座は 他にはありませんので、是非試してみてください。

無料メルマガに登録する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール写真

写真展とネット掲載

■写真展(個展)を10回以上開催
■2005年よりFlickrをはじめ、現在5,000枚ほど掲載
■Gettyにて写真データーを販売【175点】
■fotofever paris 2014年より3年連続出展
*fotofever paris とは、 世界最大の写真の見本市、イベントであるパリフォトと同時期にルーブル美術館の地下イベント会場であるルーブル・カローセルで開かれる。約100のギャラリーや出版社(日本からは8社)が出展。

◆販売実績

■fotofever parisにて、リアルプリントを、2015年2016年連続350EUR(約4万円/枚)でSOLD OUT。
■個展にて、リアルプリントを1.5万円〜2万円/枚(四切サイズ)で販売実績あり。
■Getty にて、データーを最高3万円/枚で販売した実績あり。

最近のコメント

    PAGE TOP